酵母状不完全菌類の研究: 助教授とのキルステンニールセンインタビュー

Assoc Prof. Kirsten NielsenTHOUGHT LEADERS SERIES...insight from the world’s leading experts

それ影響を与え、何人人々がそれ毎年殺す酵母状不完全菌類は何です、か。

酵母状不完全菌類は人間で病気を引き起こせる環境で世界中で見つけられる菌類です。 ほとんどの fungal 病原体が彼らの細菌かウイルスの同等同様に多くの出版物を受け取らない間、ひどくとしてちょうどあってもいいです。

インドインクと汚れる酵母状不完全菌類の neoformans のセルを分けます。 インドインクはセルのまわりのハローの出現に終って酵母状不完全菌類のセルを、囲む多糖類のカプセルから除かれます。 Z 李および K ニールセンの画像礼儀。

酵母状不完全菌類の neoformans のセルを分けることはインドインクと汚れました。 インドインクはセルのまわりのハローの出現に終って酵母状不完全菌類のセルを、囲む多糖類のカプセルから除かれます。 Z 李および K ニールセンの画像礼儀。

侵略的な fungal 伝染は、酵母状不完全菌類のような、 1 1/2 百万人を毎年殺すために推定されます。 Cryptococcosis、酵母状不完全菌類によって引き起こされる病気は現在頭脳の伝染の最も頻繁な原因、またはアフリカの大人間の髄膜炎、で、エイズと関連しているすべての死の 15-20% を引き起こします。 最もよい使用できる処置へのアクセスと、 cryptococcal 髄膜炎の人々の 20-40% は停止します。

10 週間の死亡率は受け入れがたいほど高く残りま、心配 (5-7) のアベイラビリティによって 30-70% から及びます。 興味深いことに、 cryptococcosis は免疫組織が病気を防げることを提案している健全な個人でまれです。

けれども臨床的に観察される高い死亡率は antifungal 薬剤に頻繁に強い生体外の作業があるのに現在の antifungal 薬剤の処置が immunocompromised 個人で不十分であることを提案します。 このパラドックスは Cn ホストの相互作用の重大な構成部が私達によってが抜けていることを提案します。

ホスト病原体の相互作用を変える伝染の間の cryptococcal セルの性格描写は Cn が - 伝染の間に…一義的なセルタイプを - 「タイタンセル」のとしてについて作り出すことを明らかにしました。

酵母状不完全菌類のタイタンおよび典型的なセルを含んでいる肺歯槽スペースの組織病理学セクション。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

酵母状不完全菌類のタイタンおよび典型的なセルを含んでいる肺歯槽スペースの組織病理学セクション。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

酵母状不完全菌類はなぜ頻繁に研究によって見捨てられますか。

あなたがおそらく cryptococcosis を聞かなかった 1 つの理由は健全な人々でまれであるのであります。 その代り私達は免疫組織がエイズが原因できちんと作用していない、または器官の移植および癌の化学療法のような治療をがちです人々の病気見。

私は私達は癌およびエイズのための治療を見つけてもいいかどうか信じなさい医学研究に資金を供給する代理店ことを考えます酵母状不完全菌類はもはや問題ではないです。 しかし私達は長年に渡るこれらの治療を捜して、私達にない酵母状不完全菌類の研究のための十分ではないサポートがあるので何百万の人々は酵母状不完全菌類がもとで停止しました。

さらに、糖尿病およびループスのような移植そして免疫があ関連の病気は Cryptococcosis のためのより大きい危険に患者を置くこれらの処置の多数と増加しています。 この病気はなくならない筈です従って私達は実際に基礎研究が酵母状不完全菌類により病気をどのように引き起こすか理解することを必要とします。

これは第 2 理由の酵母状不完全菌類は研究によってなぜ見捨てられたか原因となります - 非常に複雑な有機体によって引き起こされる非常に複雑な病気です。

Evolutionarily の菌類は細菌、ウイルスまた更にプラントより人間と大いにもっと密接に関連しています。 そうまたヒト細胞を損なわないで酵母状不完全菌類のセルを殺す薬剤を識別するヒト細胞が、非常に挑戦的であると酵母状不完全菌類のような菌類に同じ基本プロセスの多数があります。

この問題を克服するためには、私達はより目標とされたアプローチが最初に病気を引き起こす一義的なプロセス酵母状不完全菌類の使用を識別し、とりわけこれらのプロセスを目標とする薬剤の設計を必要とするデザインに薬剤を入れることを必要とします。

緑の蛍光蛋白質分類された cytoskeletal tubulin を表現し、核を視覚化するために DAPI と汚れる酵母状不完全菌類の neoformans のセルの分割。 MS Fu および K ニールセンの画像礼儀。

緑の蛍光蛋白質分類された cytoskeletal tubulin を表現し、 (GFP)核を視覚化するために DAPI と汚れる酵母状不完全菌類の neoformans のセルの分割。 MS Fu および K ニールセンの画像礼儀。

どのようにこれを変更することを望みますか。

私の研究計画は酵母状不完全菌類により病気を引き起こすようにするものが理解に焦点を合わせました。 私達は私達が取る、けれどもこれらの菌類により病気を引き起こしませんあらゆる呼吸が付いている fungal 胞子 -- に急速に環境から人間に行くとき行われる劇的な変化に適応できないのでさらされます。

環境試みているまた免疫組織より高い温度だけがあるが、人体は fungal セルを殺します。 私の研究グループは酵母状不完全菌類が新しいセルタイプ - 環境からのホストへのこの転移のために重大である呼出された 「タイタン」のセル作り出すことを示しましたを。

突然変異体の娘細胞を作り出すために分かれる酵母状不完全菌類の neoformans のタイタンのセル。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

突然変異体の娘細胞を作り出すために分かれる酵母状不完全菌類の neoformans のタイタンのセル。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

タイタンのセルが酵母状不完全菌類がホストに適応するようにする方法について何が現在確認されますか。

タイタンのセルは改革および自然淘汰のプロセスをジャンプスタートさせ、急速に人間の環境に適応するように酵母状不完全菌類が非常にします。 普通何百かたくさんもの世代別酵母状不完全菌類を取る進化の過程はちょうど 1-2 匹の生成で達成できます。

漫画本の類似を使用するため、それは人生のに持って来られる X 人のよう存続を改善する新しい特性が個人に 「自発的に」発生する現われるところにです。 酵母状不完全菌類はタイタンのセルは最初に形作られなければなり、私達はまた新しい特性の下にある遺伝の変更に必要となる分子プロセスのいくつかを識別したことが私達が実際にわかっているので X 人程にかなり神秘的ではないです。

どのように調査に化学および構造生物学を統合しますか。

私の研究グループはタイタンのセルを作り出すプロセスに責任がある分子機械装置の一部を識別しました。 私達は機械装置がどのように作用するかこの機械装置が酵母状不完全菌類に一義的であるが、私達がまだ知っていないことをわかっています。

私達は化学および分子機械装置によって行われた機能を定めるのに構造生物学を使用します。 もっと重大に、私達はそれからこの分子機械装置をまねるが、きちんと作用しないし、タイタンのセル生産を破壊するのにこれらの薬剤を使用してはいけない薬剤を総合してもいいです。

酵母状不完全菌類のタイタンのセルは (赤で明記される) 典型的なサイズの酵母状不完全菌類のセルが (青で明記される) 宿主細胞によって phagocytosed、殺される一方、ホストの食細胞より大きいです (灰色)。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

酵母状不完全菌類のタイタンのセルは (赤で明記される) 典型的なサイズの酵母状不完全菌類のセルが (青で明記される) 宿主細胞によって phagocytized、殺される一方、ホストの食細胞より大きいです (灰色)。 LH Okagaki および K ニールセンの画像礼儀。

病原体の原因の病気が私達がそれを扱う方法を定めるのをどのように助けるか理解しますか。

酵母状不完全菌類の原因の病気がヒト細胞を殺さないでとりわけ酵母状不完全菌類のセルを目標とする薬剤を設計する必要なステップどのようにであるか理解します。 私達は酵母状不完全菌類がならない重大なプロセスを識別しなければなりません - タイタンのセルの作成のような - しかししなければヒト細胞がしない。 タイタンのセルがヒト細胞によって行われない適応のために重要であるので私達はこのプロセスを目標とする薬剤を設計するのにこの知識を使用してもいいです。

何酵母状不完全菌類の研究のための未来の把握を考え、この fungal 病原体の研究を高めるためにされるどんな必要性か。

酵母状不完全菌類は - ヒト細胞複雑な多くの方法で…複雑な有機体同じようにです。 さらに、私達はちょうど多面的酵母状不完全菌類と人間間の相互作用がどのようにだけある、そしてどのようにこれらの相互作用が病気に影響を与えるか認識し始めています。

私達に今酵母状不完全菌類を理解し、新しい処置の作戦を開発するのに必要な科学的なツールがあります。 私達に何百万の生命を保存することができる Cryptococcal 伝染の防止そして処置の開発中の前進をする一義的な機会があります。 私達はちょうどこの致命的な病原体の方に指示されるべきより多くの資金調達および研究の専門知識を必要とします。

読取装置はどこでより多くの情報を見つけることができますか。

酵母状不完全菌類についての追加情報はおよび世界保健機構米国の疾病対策センターで見つけることができます。

助教授についてキルステンニールセンキルステンニールセン

彼女の Ph.D をノースカロライナの州立大学からの受け取り、デューク大学の博士課程終了後の調査を行った後、今では彼女が保有権がある助教授であるところでキルステンニールセンは 2007 年にミネソタの大学で微生物学および免疫学の部門を結合しました。

彼女の研究は酵母状不完全菌類に重点を置いて fungal 病因の焦点に、興味を起こさせます。 具体的には、彼女は薬剤の開発および臨床処置の試験と基本的な分子/免疫学の病因の彼女の専門知識を結合する翻訳の研究計画があります。

キルステンニールセンは 2015 年に Fulbright 学者と名前を挙げられました。 この賞の一部として、彼女はクイーンズランド大学で化学および分子生物科学の学校の同僚と現在働いています。

April Cashin-Garbutt

Written by

April Cashin-Garbutt

April graduated with a first-class honours degree in Natural Sciences from Pembroke College, University of Cambridge. During her time as Editor-in-Chief, News-Medical (2012-2017), she kickstarted the content production process and helped to grow the website readership to over 60 million visitors per year. Through interviewing global thought leaders in medicine and life sciences, including Nobel laureates, April developed a passion for neuroscience and now works at the Sainsbury Wellcome Centre for Neural Circuits and Behaviour, located within UCL.

Advertisement