母性的な HIV 感染は HIV 露出された、 uninfected 幼児の腸の microbiome を変えることができます

小児病院ロスアンジェルスの Saban の研究所で研究者が導く調査は (CHLA)母性的な HIV 感染が彼らの HIV uninfected 幼児の microbiome に影響を及ぼすことを提案します。 7 月 27 日にジャーナル科学の翻訳の薬でオンラインで報告される調査結果はこの子供たち見られる免疫学および存続の相違のいくつかを説明するかもしれません。

世界的に、百万人の幼児より多くは HIV 感染させた母に毎年生まれます。 大部分この子供たちによっては HIV 感染が脱出しますが、害が脱出しません。 これらの露出される HIV は二度 uninfected 子供理由が明白でなく残ったけれどもほぼ HIV なしで女性に耐えられる子供の死亡率を経験します。

母乳で育てることは HIV 感染させ、 HIV uninfected 幼児に医療補助を運びます。 従って母乳で育てることは - 母性的な antiretroviral 療法と組み合わせて - 低いリソースの設定の HIV感染母のための挿入の推薦された形式です。

HIV 感染させた母の microbiome そして母乳の人間のミルクのオリゴ糖類の構成両方の変更が幼児に影響を与える (HMO)かもしれないことを CHLA の科学者および彼らの同僚は仮定しました。 HMOs は人間のミルクの 3番目に大きい要素ですが、彼らは消化されません; むしろ HMOs は子供の成長の免疫組織を調節する幼児の microbiome に栄養物を、それから提供するようです。

幼児の健全な microbiome の確立として健全な幼児新陳代謝の開発に非常に影響を及ぼし、免除、それは uninfected HIV 露出された幼児の変えられた microbiome が彼らの高められた疾病率および死亡率を説明したらが、ことであるかもしれません。

この理論をテストするためには、科学者はポルトープランス、均等に HIV感染および HIV 否定的な母の間で分割され、各ペアからのサンプルサイトの microbiomes を広く見たハイチからの 50 の母および幼児のペアを、登録しました。

「母、 HIV 露出された、 uninfected 幼児の microbiomes 全員で識別された大抵一貫した微生物コミュニティと対照をなして同じコミュニティの HIV 否定的な女性に耐えられた幼児と著しく異なっていました」。 前述の最初 Bender、小児病院ロスアンジェルスの感染症の部分の MD 著者 Jeffrey M.。 彼は幼児腰掛けの細菌の構成が最も母の HIV の状態に基づいて変わっただった付け加えました。

研究者はグループの HIV 感染の有無にかかわらず母の細菌のコミュニティが比較的類似していたことを観察しました。 従って幼児で見られた母性に幼児の転送によって腸の正常な細菌の生態学の dysbiosis、か不健康な変更は完全に説明されませんでした。 その代り見つけられる HIV 影響を受けた母乳の HMO の内容の変更が幼児の microbiome の確立に対する劇的な下流の効果をもたらすかもしれない、ようです。

「その結果、比較的未熟な、 dysbiotic microbiome は可能性としては幼児の免疫組織の開発を妥協できます」ベンダーを言いました。

研究者はそれが HIV 感染させた母の自身の microbiome のわずかな妨害および幼児の microbiome の変更を説明するかもしれない母乳の HMO の構成の相違の組合せであるかもしれないことを提案します。

重要で有利な細菌の (probiotics) または可能性としては特定のミルクのオリゴ糖類を幼児に (prebiotics と呼出される) 与えることは科学者に従ってこれが調査されることを残るけれども可能性としては長期結果を改善できます。

ソース: 小児病院ロスアンジェルス

Advertisement