外科アプローチは回復不能な回旋筋腱板損傷を持つ患者の pseudoparalysis を除去するかもしれません

回復不能な回旋筋腱板損傷を扱うためにサンディエゴショーの関節鏡視の優秀なカプセルの復元のスポーツ医学 (AOSSM) の専門日のアメリカの (SCR)整形外科の社会、外科アプローチで示されて研究して下さい pseudoparalysis を除去し、かなり肩機能を改善するかもしれないです。

「適当な pseudoparalysis の 27 人の (96.3% 人の) 患者の 26 および厳しい pseudoparalysis との 15 の 14 が (93.3%) 彼らの肩の動きを」、は注意した主執筆者 Teruhisa Mihata、 MD、大阪の大阪医学大学からの PhD、取り戻したことを私達のデータ示しました。 「全面的、示されているすべての患者は外科の後で改善しました肩の機能および安定性を」。

合計調査のために外科 - どれも、穏健派、またはアーム高度の彼らの範囲に基づいて厳しい前に pseudoparalysis のレベルで 3 グループに資格がある 90 人の患者は、分けられませんでした。 患者は外科の後の 3 か、 6 かそして 12 か月、また一連の物理的なテストで成功を定めるために MRIs を経ました。

「回旋筋腱板損傷肩の機能の苦痛そして損失で」はコメントされた Mihata 起因できます。 「この外科アプローチがこれらの患者が苦痛を取り除くのを助けることただへ資産であるが完全な肩の動きおよび実行中の生活様式にうまく行けば」。は戻ることを私達の最新の研究示します

Mihata そして彼のチームは、教授を含む Thay Q. リー、整形外科の生物力学の実験室から、アーヴァイン VA ロングビーチのヘルスケア・システムそしてカリフォルニア大学、最初に 2007 年に SCR を導入しました。

ソース: http://www.sportsmed.org/aossmimis/Members/About/Press_Releases/SD2017ReleaseE.aspx

Advertisement