頭脳の刺激は持久力パフォーマンスを改善する効果的な方法研究しますショーをです

運動選手のパフォーマンスに対する頭脳の刺激の効果へのケントの大学による研究はそれが持久力を改善する効果的な方法であることを示しました。

調査結果は競争のパフォーマンスを高めるどのように健全な人々のパフォーマンスの物理的な限界を変え、可能な方法の使用の討論にそれ以上の証拠を追加できるか持久力の練習に於いての頭脳の役割の私達の理解を進めると期待されます。

ケントのスポーツおよび練習科学 (SSES) の学校の先生によって Lex Mauger および同僚行なわれた耐久限度が心のための問題、またボディどのようにであるか調査するために着手される研究。

偽薬制御の調査の 12 人の実行中の関係者 (TTF)のグループの障害に任せるサイクル時間のテストによって Mauger 先生はそれを刺激するために刺激することが筋肉収縮と関連付けられた領域の作業を高めたことを頭皮を穏やかな電流を (transcranial 直流刺激か tDCS) 渡すことによる頭脳をことを検出しました。 この減らされた認識は努力のそして時間高められた関係者のために循環できます。

チームは練習が刺激の後のより少ない骨折り感じたのでこれをあります説明しました。 tDCS が持久力パフォーマンスを高めるのに使用されていましたが、これをだった前に未知どのように達成したかこの調査はメカニズムの識別を助け。

ソース: https://www.kent.ac.uk/news/science/15403/brain-stimulation-can-improve-athletic-performance

Advertisement