調査は母乳で育てられた赤ん坊の十代の eczema の減らされた危険を明らかにします

(JAMA) 小児科米国医師会医学総合誌で出版される新しい調査は母が生れからの長い期間の間完全に母乳で育てるべきサポートを提供された赤ん坊は 16 歳で 54% が少し eczema の危険あることを示します。

信用: 内腔の写真/Shutterstock.com

ブリストル大学から研究者が、マギル大学導いた、調査はハーバード大学および College ロンドン王の、母乳で育てる介在の試験 (PROBIT) の昇進にかかわった 13,000 人以上のベラルーシのティーネージャーを調査し、母が専ら母乳で育てるべきサポートを提供されたティーネージャー間の eczema のケースの 54% の減少を識別しました。

Eczema は皮を赤く、痛む、乾燥した、 itchy、および割られて作る条件です。 およそ、 10 人の大人に付き 1 人および先進国の 5 人の子供の 1 は eczema によって影響されました。

Carsten Flohr、示される調査の主執筆者先生: 「WHO はアレルギーおよび準の病気の防止を助ける排他的な母乳で育てることの 4 かそして 6 か月の間に推薦します。 私達の調査結果は全体的に母乳で育てる低いレートに」。取り組んでいる赤ん坊に適する病院の (BFHI)イニシアチブのようなキャンペーンの重要性にそれ以上の重量を追加します、

合計 17,046 人の母および彼らの新生の赤ん坊は 1996 年 6 月と 1997 年 12 月間の PROBIT の調査にかかわりました。 調査にかかわった小児科のクリニックおよび産院の半分は残りの半分は規則的な方法を続けていったが国連児童基金の BFHI および WHO の提案で模倣された余分サポートを提供しました。

イギリスに世界で最も低い母乳で育てるレートの 1 つがあります。 イギリスで耐えられた赤ん坊の 34% だけは (3 の 1) ノルウェーの 71% および米国の 49% と比較された母乳を提供されました。 イギリス生まれる赤ん坊の 1% だけは 6 か月に完全に母乳で育てられます。

母乳で育てる昇進の介在は eczema に対して保護を提供したことを調査は示したが制御グループの 1.7% と (110/6493) 比較された介在のグループの (108/7064 の) 報告の喘息の徴候の 1.5% の喘息の危険に減少がありませんでした。

ソース: https://eurekalert.org/pub_releases/2017-11/nbrc-bba110917.php

Advertisement