AFM の生物医学的な、生物物理学、生物的アプリケーション

insights from industryDr. Thomas MuellerDirector of Product ManagementBruker Nano Surfaces

先生 MA 4 月 Cashin-Garbutt、 (Cantab) 著行なわれる Bruker の Nano 表面の製品管理のディレクターとのトマスミューラー、インタビュー

会合の重要性は、 AFM Biomed の会議のようなあなたおよび AFM リサーチへ何、ですか。

AFM BioMed の会議は非常に集中し、 AFM の生物医学的な、生物物理学の、生物的アプリケーションをひとつにまとめるので大きい会議です。 私達のために、 Bruker で、それはコミュニティと相互に作用し、それらに私達の最新の技術を示し、フィールドのリーダーがそれを行くことをどこに見るか見る非常に興味深い機会です。

私達は 10 年間 AFM BioMed を今後援して、私達が私達の最新の技術のか提示に非常に実行中にかかわるのは会議です。 私達は AFM BioMed の会議 - BioScope の決心でほとんどの重要な BioAFMs の 1 つを進水させました。

今年、クラクフで、私達は BioScope の決心、それ、はじめて新しい事をすることを可能にする 1 の新しいバージョンを生きているセルサンプルの統計データを得ることを許可します進水させ。 従って、それはこれが実際にそれをする最もよい場所であるので私達がこのコミュニティにそれをここに進水させている同時発生ではないです。

AFM の主要な生命科学アプリケーションは何ですか。

私達は分子からの細胞ティッシュにに BioAFM の応用範囲をかなり見ます。 実際は私達が BioScope の決心を開発したときに、私達は心でそれがありました。 私達はそれに成長し、最適化ことをでコミュニティと密接に叩き、働く PeakForce の優秀な高リゾリューションイメージ投射ツールがあることを確かめました。 従って BioScope の決心は分子イメージ投射、重要なアプリケーションの 1 で勝ります。 DNA および主要で、マイナーな溝の二重螺旋の構造を解決する基準の例として、言って下さい。 それをそうよく解決して、それは単一の分子のレベルで例えば蛋白質が結合すると同時にローカル変化を見ることができます。

BioAFM はまた大きいセルイメージ投射ツールです。 実際は、それはまた私達が叩く PeakForce の私達の改善とことを調べた Hermann Schillers のような例えばこの会議でここの人々と、私達できます生きているセルの個々の微絨毛を解決ことは働いていました。 他の AFM はそれをすることができません。

AFM はまた検査、およびセルのそして間の力を量を示すことの mechanobiology のための実際に大きいツール、です。 従って、 PeakForce の叩くことは別として BioScope の決心のそれのためのまた多くの技術があります。 これは私達に力のマップおよび時間依存の調査のための傾斜路レートの最も広い範囲を与える FastForce ボリュームを含んでいます。 そしてセル粘弾性をアドレス指定する傾斜路のスクリプトを書くこと。 それはちょうどモードおよびソフトウェア機能ではないです。 私達は両方とも可能にした全体の機械ループを、高リゾリューションイメージ投射およびより一貫した力の測定は最適化しました。

AFM 力の測定の整合性に関して、 AFM BioMed のコミュニティはドゥブロブニク方法と最初に呼出した何をそれらの種類の測定に目盛りを付ける、どのように量を示しどのように思い付いたかそれ自身に質問をすることで非常にアクティブです、それかのためのプロトコルを。

BioScope の決心では、私達は実際に作業の流れを実行し、その厳密な作業の流れに続くことを可能にしたプローブを進水させました。 力の量を示すためのその最も最もよく知られた方法に従って、コアパフォーマンスとともにセルとの力の測定は決心が Mechanobiology を進めるようにします。

市場はどのように導入以来の BioScope の決心に答えましたか。

BioScope の決心はサンディエゴの AFM BioMed の会議で導入の直後の市場の非常に速い牽引を、得ました。 私達は早い顧客をすぐに新しい機能、マップしている高リゾリューションの認識のミューラーおよび Alsteens のグループ例えば作業を包含し、光学統合と結合されたウイルスの結合の動力学を量を示すことを見ました。

スキャンはそれ以上のイメージ投射を改善するためにより速く作ることができますか。

実際ははい、決心と私達はイメージ投射速度の新しいレベル間、イメージ投射全セル、および分子サンプルの最高速度を - 間、壊れやすい分子をそのまま保つ保持の力制御示します。 より速いイメージ投射はいくつかの理由のための興味です。 1 つはそこに多くをする機能です。 ちょうど明白な生産性、しかしまた有効なデータセットを統計的に得ること。

 

これは私達がより速いイメージ投射、また私達が自動的にたくさんのセルの、全体によってモーターを備えられる段階の範囲内で、そしてパフォーマンスの損失無しの測定を実行する高精度な段階との決心と可能にしている方向です。

そして原動力に興味、また大きい生体物質、全セルレベルに、の原動力があります。 いずれの場合も AFM およびプローブの技術の組合せは BioScope の決心で見られる前進を可能にしました。

AFM の生物科学アプリケーションは前に開始以来の AFM の技術の最前線に約 20 年ありました。 どのようにこの技術を使用して開始する早い採用者以来技術を変更していました考え、どこで BioAFM の技術については次の論理的な開発のステップを見ますか。

明らかに、最後の 20 年は特に AFM データが光学 microscopies の範囲に関連する BioAFM の大きい拡張を目撃しました。 私達は豊富高速原動力作業、高解像の分子イメージ投射、生きているセルイメージ投射およびセル mechanobiology を見ました。 私達が未来に継続を見るはっきり 1 つの傾向はマップする単一セルの処理に地形イメージ投射を越える単一セルの徹底的、注入、認識および力および mechanobiology です。

これは PeakForce QNM が重要な役割を担う私達が見るところであり、超解像度とまた結合した、これは AFM が限量化可能な力を用いる高リゾリューションの物理的なプローブとして一義的な利点を展開できるところでありことを mechanobiology の成長するフィールドを進めます。

読取装置はどこでより多くの情報を見つけることができますか。

先生についてトマスミューラー

トマスミューラー先生は Bruker の Nano 表面部の AFM の事業体の製品管理のディレクターです。

トマスはアプリケーションおよび製品管理の地位の掌握を持っている 12 年間 Bruker と 50 の出版物上の、検討およびアプリケーションノートの著者です。

彼は自己アセンブリおよび化学反応の特定性に質問するためのツールとしてスキャンのプローブの顕微鏡検査に焦点を合わせるコロンビア大学で博士課程終了後の研究に先行している分子構造および原動力の新しい線形および非線形分光プローブの開発のエール大学から 2000 年に彼の Ph.D を受け取りました。