無食欲症がより悪い予想があるのを経験する心不全の患者

心血管の研究 (DZHK) のためのドイツの中心の研究者は無食欲症を経験する心不全を用いる患者はまた彼らの物理的な機能容量でもっと影響され、より悪い予想があることを検出しました。 無食欲症を励ます要因は利尿の薬物の取入口、発火および不本意な重量損失です。

心不全を用いる患者の 80% 以上、ほとんど、また共同疾病率に苦しむ高齢者です。 これらの追加健康上の問題は適性、生活環境基準および心不全を用いる患者の存続に影響を与えます。 例えば、典型的な共同疾病率は筋肉退化による筋肉無駄になることおよび不本意な重量損失です。 無食欲症はまた高度の心不全を用いる患者で頻繁に観察されます。 けれども今まで、少しは食欲の損失がこれらの患者の病気の進行にどのようにについて影響を与えるか確認されました。 無食欲症が EC 委員会が資金を供給する SICA-HF の調査 (心不全を加重する共同疾病率を調査する調査) の心不全を用いる患者の物理的な機能容量そして残存率に影響を与えるかどうか大学医療センター Göttingen のスティーブンフォン Haehling PD の先生先生および彼の同僚はこうして調査しました。 さらに、それらは無食欲症に貢献するかもしれない要因を捜しました。

不利な組合せ

心不全を用いる 166 人の臨床的に安定した外来患者にの合計は無食欲症に全く苦しんでいたことをそれらが食欲を失った三番目が示したかどうか尋ねられ。 調査の関係者の物理的な機能容量はバランスの練習、 6 分歩くテストおよび持久力および強度テストを使用して、数ある中で確認されました。 これは調査の関係者の食欲が減少したら機能容量がより悪かったことを示しました。 適性のレベルは食欲 (無食欲症) の損失に加えて、不本意で、厳しい重量損失 (悪液質) があったらさらにもっと影響を受けていました。

減少された食欲のより多くの不運

Göttingen の DZHK の研究者はまた心不全を用いる患者が無食欲症を経験すれば死亡率の危険が 2 年に高められることを検出しました。 悪液質はまた追加マイナスの効果をここにもたらしました。 「悪液質および無食欲症の組合せ複雑であり、他の慢性疾患のまた問題は」は、フォン Haehling を言います。 「こういうわけで 「無食欲症悪液質シンドロームは」例えば病気および処置の否定的な結果として癌患者で大きな挑戦」を提起することを知られています。

可能なトリガー

心不全の無食欲症を励ます要因の検索では、研究者は 3 人の独立したプレディクタを見つけました: 炎症性ホルモンのアクティブ化、ループ diuretics の取入口および悪液質。 「増加された炎症性マーカーは既に心不全を用いる患者にあります。 これらのマーカーが超過すれば、食欲が」減少することはより本当らしく、説明しますフォン Haehling をなります。 ループ diuretics はティッシュの水保留船舶を減らす心不全を用いる患者に規定されます。 推定上、微量の元素の損失が原因で亜鉛を好んで下さい、彼らによりまた食欲減るこうして好みの感覚を引き起こして、も。

研究者は心不全を扱うときそれを彼らの患者の食習慣そして栄養の状態を監視する処理医者の必要性信じます。 「これらの要因推薦しますフォン Haehling を心不全を用いる患者の全面的な医学の査定の基本的な部分」はべきです。

ソース: https://dzhk.de/en/news/latest-news/article/anorexia-aggravates-disease-progression-in-heart-failure/

Advertisement