新しい調査は危ないアレルギー反応の処置のための可能なターゲットを識別します

アレルギー反応の最も危ない徴候を禁じるための見通しは薬療法のための可能なターゲットを識別する新しい調査の出版物とより明るいかもしれません。 シンシナチの小児病院の医療センターで行なわれ、アレルギーおよび臨床免疫学のジャーナルで出版された研究は anaphylaxis として知られている厳しいアレルギー反応の呼吸および循環徴候を激化させるために複数の蛋白質が血管で相互に作用することができることが分りました。 これらの蛋白質を目標とする慢性の皮膚の病気を扱うために承認される薬剤を含む医薬品は、反作用を緩和し、 anaphylaxis をより少なくひどく作れますかもしれません。

アレルギー反応は免疫組織が侵入の脅威として別の方法で無害な蛋白質 (アレルゲン) を認識すると発生しま、それが病気の徴候に導く一連の出来事を引き起こします。 新しい調査結果は血管の (VE)内部の表面を並べる管の上皮のセルに集中します。 近隣 VE のセルは流動損失を防ぐ障壁を形作ります。 厳しい anaphylaxis の間に、 VE の障壁を破壊することは液体が呼吸の障害および死は衝撃を与えるために導くことができる周囲のティッシュに血管から漏るようにします。 「非免疫があるセルはまた anaphylaxis に影響を及ぼすことができることはますます明確に」は説明した、主任調査官をサイモン Hogan 先生なっていると同時に私達が食物アレルギーに関して免疫細胞を越えて考える必要があることをこれらの調査示します。

anaphylaxis の生命にかかわる徴候を防ぐ療法は食物アレルギーの 15,000,000 人のアメリカ人の生命を変形できます。 調査は食物アレルギーの研究及び教育の世界で (FARE) Hogan に 2015 年に長年の賞を与えた食物アレルギーの研究のための資金調達の最も大きい私用ソースからサポートを受け取りました。 「食物アレルギーのほとんどの個人のため、上の研究優先順位は食物アレルギーの反作用をそう予測不可能および危なくする厳しい徴候を制御する療法の開発」、言いましたメアリー・ジェーン Marchisotto、料金の研究そして国際的な操作の SVP をです。

ほとんどのアレルギーの徴候はヒスタミンと呼出される小さい分子が普通直ることを促進し、伝染を戦う白血球から解放されるとき誘発されます。 アレルギー反応の間に白血球によって解放される他の分子は interleukin 4 (IL-4) と呼出される小さい蛋白質を含んでいます。 Hogan の実験室の研究者は anaphylaxis の血管の VE の障壁機能のこれらの分子そして IL-4 受容器蛋白質の相互作用を検査しました。

調査は anaphylaxis がヒスタミンに応じて VE の障壁の保全の損失とリンクされたことを明らかにしました。 著者は、そして IL-4 およびヒスタミンのハイレベルが血管から周囲のティッシュに液体の損失を示しましたりことおよび anaphylaxis をより厳しく高めたことをヒスタミンの応答が IL-4 シグナリングの前でより厳しい作りました。

見つけてそれは高められた流動損失 IL-4 受容器の作業を目標とする薬剤が anaphylaxis の徴候のことを限定に有用かもしれないことを IL-4 受容器の作業に依存しています提案します。 1 つのそのような薬剤は厳しい eczema への穏健派を扱うために既に承認されてしまいました。 Hogan はアレルゲンの露出を患者の免疫組織をアレルゲンにより少なく敏感にさせるのに使用されている繰り返したアレルゲンの免疫療法の間に厳しい反作用を防ぐことに於いてのこの研究のための可能な役割を想像します。

ソース: https://www.foodallergy.org/about/media-press-room/protein-active-in-life-threatening-allergic-reactions-is-a-promising-target

Advertisement