信頼できる見つけられる子供の RH因子を定める出生前テストしかし利点は明白でないです

妊婦の血がリーサス否定的 (RH 否定的) であり、胎児の血はリーサス肯定的 (RH 肯定的) です、女性はそれに続く子供に厳しい害を特に引き起こすことができる抗体を開発するかもしれません。 この効果を防ぐためには増感を、ドイツのすべての RH 否定的な妊婦現在受け取ります予防法を呼出しました。 しかし妊婦の血液サンプルを使用してテストの新型は生れの前に子供の RH因子を既に定めることができます。 テストが十分に信頼できれば、多くの女性は予防法を必要としないかもしれません。 現在、新生の赤ん坊の血は生れの後で直接テストされます。

ヘルスケア (IQWiG) の品質そして効率のためのドイツの協会は今このテストに基づく予防法の管理に子供または妊婦のための利点か不利な点があるかどうか検査してしまいました。 最終結果は今使用できます。 調査結果に従って、この質問に答える調査がありません。 しかし新しいテストの信頼性は生れの後で使用される慣習的なテストの信頼性高いです。

それに続く妊娠の危険特に

RH因子は赤血球 (赤血球) の受継がれた特性です。 それは抗原として機能します、すなわち RH 否定的な人々は彼らの血の外国の RH 肯定的な血球に対して抗体を作り出すことができます。 これにより厳しく、致命的な非交換性の反作用を引き起こすことができます。 従って RH因子は輸血および妊娠の重要な役割を担います。

の間の妊娠と特に生れ、 RH 肯定的な子供の血は RH 否定的な母の血流を入力することができます。 これにより増感と呼出されるプロセスで抗体の生産を引き起こします。 これらの抗体は胎児の貧血症、心臓障害、悩障害、また更に死を引き起こす子供の血流により入力することができます。

ただし、現在の妊娠のない胎児、しかしそれに続く妊娠の RH 肯定的な子供は最も大きい危険を運ぶ物です。 理由はこの子供たちが妊娠の非常に初期に彼らの母の血の防衛反作用に応じてあることです。

すべてのリーサス否定的な妊婦のための標準予防法

ドイツのすべての RH 否定的な妊婦は現在反D 免疫グロブリンの標準線量を受け取ります。 生れの前に胎児の血流からの母の血流に既に達する伝染性の赤血球によってこれらの抗体が増感を防ぐのに使用されています。 敏感にす提供者からの人間の反D 免疫グロブリンはこの予防法のために使用されます。

生れの後で、幼児の RH因子は幼児 (postnatal テスト) の血液サンプルを使用して断固としたです。 新生の血が RH 肯定的なら、母は別の反D 予防法を受け取ります。

母の血は胎児の RH因子の情報を含んでいます

ここでテストは使用できるように生れの前に胎児の RH因子を既に定めるためになってしまいました。 これは胎児が触れられない非侵襲的なプロシージャです。 その代り、テストは母性的な血しょうで循環するいわゆるセルなしの胎児 DNA を分析します。

原則的には、これは胎児が出生前テストに従って RH 肯定的であるそれらの RH 否定的な妊婦にだけ出生前の反D 予防法を限定することを割り当てます。 現在、すべての妊婦の約 15% 1 年ごとの約 110 人の 000 人の妊婦に相当して予防法を、受け取ります。 新しいテストを実行することは約 60 000 にこの番号を減らすことができます。

調査は任務の研究の質問に答えることができません

従って中央政府共同委員会 (G-BA) は、ドイツの 「妊婦の指針」にまた責任がある、 IQWiG から知りたいと思いま新しいテストの導入は子供または母のための健康の利点か不利な点があることができるかどうか例えば溶血性貧血の発生を高めるか、または予防法の副作用の発生を減らします。

IQWiG の研究者は現在新しいテストの導入が持つかもしれない効果の精密な結論を出すことを割り当てる調査がないことを調べました。

信頼できる両方のテスト均等に

ただし、信頼できる出生前テストがどのようにで子供の RH因子のか決定にあるか情報を提供する調査があります。 「高い診断正確さ」と言われる信頼性は比較的高いです、: テストは正しくすべての RH 肯定的な胎児 (感度) の 99.9% およびすべての RH 否定的な胎児 (特定性) の 99.1% 識別します。 これは 0.1% この決定が試験結果に基づいていたら生れがこの予防法を受け取らない前にそれを反D 予防法を必要とする妊婦の意味します。 それ故に、出生前テストは生れの後でテスト信頼できます。

バランスをとる可能な利点および不利な点

新しいテストは必要な反D 予防法を使用することを割り当て、不必要な出生前の予防法からの何人かの妊婦をとき倹約します。 それはしかし予防法の可能な副作用の信頼できるデータが抜けているのでこれらの妊婦に利点があるかどうか明白でないです。

偽の試験結果が追加増感に導くかもしれない危険は低速十分なデータの欠乏にもかかわらず、考慮されます。 一方で、テストは非常に信頼できるように評価することができます。 他方では、危険は増感が妊娠の間に既に発生すること低いです。

レポートでは、協会は多数の不必要な反D 予防法が避ければ効果はドイツのヘルスケア・システムのレベルでそれあるかもしれない質問をアドレス指定しませんでした。 しかし重要性の汎用面はワクチンを作り出すためにオスの提供者が血の製品と感光性を与えられるのでこの予防法の融資だけ、また獲得および倫理的な面ですが。 世界的の提供者の番号は限られて、ドイツは準備をインポートしなければなりません。

postnatal テストを取り替えること適した出生前テスト

出生前テストが postnatal テストを取り替えることこれは測定可能な範囲に不当に差し控えられる溶血性貧血のレートも高めません予防法のレートも。 これはテストが両方とも同等であるのであります。 しかしプロシージャを最初に評価し、特に最高がドイツのヘルスケアの条件の下に新しい出生前テストの感度どのように実際にあるかテストすることを推薦します。 この評価の後やっと、安全な決定は実際は postnatal テストが dispensable であるかどうか作ることができます。 デンマークおよび出生前のテストだけこの頃は使用されるネザーランドの責任がある権限はまた前の評価を準備しました。

レポート作成のプロセス

IQWiG は 2017 年 10 月の予備報告の形で予備の結果を出版し、注釈を入れるために利害関係者は誘われました。コメントプロシージャの終わりに、予備報告は修正され、注釈を文書による 3 月 2018.The の問屋業への最終報告が入ったと同時に送られる最終報告と同時に別の文書で出版されます。レポートは外部専門家と共同して発声されました。

ソース: https://www.iqwig.de/en/press/press-releases/prenatal-testing-of-the-foetal-rhesus-factor-test-is-reliable-but-benefit-is-unclear.8983.html

Advertisement