調査: OSA の Prediabetic の患者は CPAP の使用によって彼らの休息心拍数を下げることができます

また妨害する睡眠時無呼吸がある prediabetes を持つ患者は (OSA) ATS 2018 の国際会議で示されるランダム化された、制御された試験に従って彼らの OSA を、扱う連続的で肯定的な航空路 (CPAP)圧力の使用によって彼らの休息心拍数、心血管の健康の重要な測定を、改善することができます。

prediabetes を持つ人々にタイプ 2 の糖尿病のレベルの下で血糖レベルが常態より高くあります。 空気が肺に普通流れることから妨げられる場合のスリープの間の OSA の経験の時間の人々。 CPAP は OSA のための 「金本位」の処置として考慮されます。

マギル大学の Sushmita Pamidi、 MD、鉛の調査の著者およびスリープ医者科学者に従って、前の調査は OSA が私達の 「戦うか逃げるか」の応答を作動する高められた共鳴した作業と関連付けられることが分りました。 この応答は、それから、私達の心拍数を上げます。

「prediabetes およびより高い休息心拍数は両方心循環器疾患にリンクされました」と彼女は言いました。 「私達は CPAP が日中そして異常なブドウ糖の新陳代謝を持つ患者のこのグループの夜に休息心拍数を」。下げるかどうか見たいと思いました

この調査の 39 人の関係者の、二度その位 14 日間口頭偽薬 CPAP に任意に割り当てられました。 CPAP への終夜の付着は 2 週全体のスリープ実験室のすべての関係者の監視によって保証されました。 休息心拍数は携帯用モニタリング装置を使用して 2 週の間 1 日 24 時間測定されました。

調査は CPAP を使用してそれらに調査の偽薬アームでそれらよりかなり低い休息心拍数が昼夜あったことが分りました。 2 グループ間の相違は試験の第 2 週の間により顕著でした。

「休息心拍数に対する CPAP の効果ベータ遮断薬の使用と対等です」、はシカゴ大学でスリープ研究所の Esra Tasali、 MD、年長の調査の著者およびディレクターを言いました。 一般に中心問題のために規定されて、ベータ遮断薬は心拍数を上げるアドレナリンのようなストレス・ホルモンを、妨げます。

「OSA 異常なブドウ糖の許容の個人間で非常に共通です追加されるであることを」、は Tasali 汎用米国の人口の OSA とのそれらの 80% 診断未確定先生は最近の推定値に注意して示します。 「私達の調査睡眠時無呼吸の最適の処置が prediabetes とのそれらの心血管の危険を」。は減らすことを示すことの第一歩です

ソース: http://www.thoracic.org/

Advertisement