新しい実験室チップ技術はすぐに早い妊娠の胎児の遺伝的異常の検出を助けることができます

胎児の遺伝的異常の広い範囲は実験室チップ、非侵襲的な技術を使用している南オーストラリアの研究者の大学によって導かれた世界最初調査のおかげで早い妊娠のですぐに検出できます。

Marnie Winter Biomedical エンジニアの先生およびベンジャーミン Thierry UniSA の収束の生物 Nano 科学技術 (FII) (CBNS) の未来の企業の協会そしてアークの優秀な研究機関からの教授は小さい microfluidic 装置を使用して母性的な血からの胎児セルを隔離した研究者のチームの部分で、改善された遺伝子検査を可能にします。

技術の進歩は先端材料の技術で (木曜日 6 月 14 日) 今日出版されます。

実験室チップ (LOC) 技術は少数のミリメートルから少数の平方センチメートルまで及ぶチップの実験室機能を統合します。 装置の特別なデザインは大量の血を安くおよび母性的な血球から胎児セルを分ける速い方法を舗装する効率的ののための方法選別されるように、します。

「私達はこの装置が新しいので起因できること有望な簡単な血液サンプルからの早い妊娠の遺伝的異常の広い範囲を検出することできる非侵襲的な出生前の診断試験と」先生 Winter 言いますです。

現在、出生前の診断試験は羊水穿刺プロシージャか不成功を誘導する危険を運ぶ胎盤 (chorionic 絨毛サンプリング) からのセルのサンプルを取ることを含みます。

「妊娠への約 5 週、胎児セルから胎盤からの発生は母の血流で見つけることができます。 現代 microfluidic 技術を使用して、私達は今母の白血球からのこれらの極めてまれなセル (百万の約 1) を隔離してもいく、遺伝の分析のためのそれらを集めるため」と彼女は言います。

シドニー工科大学からの先生および女性および小児病院からの専門家、 SA の病理学および Repromed と共同して Majid Warkiani 働いている UniSA の研究者は癌患者の血からの隔離集団の腫瘍のセルに最初に開発された 1 つからの装置を適応させました。

「多くの妊婦は - 簡単な血液検査と - ヘルプがダウン症の赤ん坊を持っている危険を定める胎児 DNA の循環に基づいて新しいテストに気づいています。

「これらのテストは妊婦管理を革命化しましたが、遺伝の条件の小さいサブセットしか検出しなくても常にいく、正確ではないです。 私達はこの LOC の技術が確実に遺伝的異常のすばらしい範囲を検出できることを望みまより多くの情報をグループおよび医療サービス提供者に提供します」と先生 Winter は言います。

UniSA の生物工学のグループを導く Thierry 教授は更に実験室チップ概念を開発する重要なスコープがあることを言います。

定期的な臨床出生前の診断のこの技術を変換するために 「私達は企業パートナーと協力して、それを使用できるように低速および媒体危険の妊娠を選別するために将来するため」と彼は言います。

、エミリー Hilder 教授は UniSA の FII のディレクター言います: 「この研究の進歩は未来の企業の協会で成長する最先端の技術へ遺言です。 UniSA は mawson 湖にです私達の ANFF-SA のマイクロおよび nanofabrication 機能のおかげで LOC の技術のの主力選手」。

ソース: https://www.unisa.edu.au/Media-Centre/Releases/2018/Blood-sample-breakthrough-good-news-for-pregnant-women/#.W0WSe9IzaUk

Advertisement