研究者はロジウムおよび有機性触媒からのハイブリッド触媒を作成するために技術を開発します

日本の研究者のグループはからのハイブリッド触媒を技術を作成するために化学薬品の無駄を減らし、鏡像体の高い選択率の分子を作り出す有機性触媒のおよび簡単構成された、商用化されたロジウム、互いの非superimposable 鏡像である分子構造のペア開発しました。 この技術は急速な、低価格の薬剤の統合で助けると期待されます。

技術は教授 Kazuaki Ishihara Manabu Hatano、名古屋大学の工学の大学院の両方北海道大学の薬剤科学の能力のを含む Shigeki Matsunaga および科学者によって助教授 Tatsuhiko Yoshino、両方、および教授および助教授開発されました。

化学特性が類似しているのに薬剤として使用されたとき鏡像体で見つけられる 2 つの分子構造に別の有効性があります。 1 つの分子構造は他は深刻な副作用を誘発できるが有効である場合もあります。 従って薬剤を総合するとき化学変換に望ましい分子構造を選ぶことは重要です。 さらに、より少ない無駄が付いている薬を製造するために、化学変換を触媒の使用を用いる望ましいカーボン水素の結束にだけ発生してもらうことは必要です。 これら二つの条件を達成するためには、科学者はずっと複雑な、複数の段階的に行なわれた生産プロセスで作られる高いロジウム触媒を使用しています。 そのようなロジウム触媒の限られたアベイラビリティは産業使用のためのそれらを加えることを困難にしました。

性質の触媒作用で、簡単構成された出版された、現在の調査では商用化されたロジウムは 1 つのステップのすぐに利用できる有機性触媒とイオンの相互作用の利用によって結合されました。 簡単なロジウム触媒は望ましいカーボン水素の結束を作動することができますが、それは選択式に鏡像体の 1 つの分子構造だけ得ることでよくないです。 その間有機性触媒は目標とされた分子構造を作り出すことができますが、望ましいカーボン水素の結束の作動で有効ではないです。 この新開発のハイブリッド触媒は両方の個々の欠点を補正できます。 ハイブリッド触媒を使用して、研究者は目標とされたカーボン水素の結束だけ作動し、選択式に抗ウィルス性パフォーマンスを後押しすると期待される鏡像体の 1 つの分子構造を得ることに nucleobase の派生物の化学変換を行なうとき成功しました。

「いろいろ有機性触媒が簡単なロジウム触媒と結合することができるので技術非常に多目的」は言います Shigeki Matsunaga をです。 「コアにいくつかの条件を安く扱うために次世代の薬としてそして環境に優しい方法で注意を」。得ているヌクレオチドの薬のための化学構造をするのを助けることを期待します

ソース: https://www.global.hokudai.ac.jp/blog/hybrid-catalyst-with-high-enantiomer-selectivity/