DFG は総合的な生物学の新しい討議資料を出版します

総合的な生物学のフィールドの科学的な開発は頻繁にずっと追加規則のための可能な必要性の公開討論をもたらしています。 それに答えて、 Deutsche Forschungsgemeinschaft (DFG のドイツの研究振興財団) の遺伝学研究の常置上院の任務は現在の一般論においてフィールドの主科学的な進歩を記述する総合的な生物学の討議資料を出版しました。 分析は最近の科学的な進歩が新しく潜在的な危険を明記しないこと、そして既存の立法ことを、特にドイツの遺伝子工学の行為示しましたり、従って十分に現在の研究をカバーします。 最近の進展はまた関連した倫理的な問題が遺伝子工学および幹細胞の研究に関して議論で既に考慮に入れられるので、新しく倫理的な質問を作成しません。 この文の出版で法令で定義されたように科学の規定の助言を提供する、 DFG の上院の任務は DFG の命令と一直線に総合的な生物学の機会そして危険についての事実上の議論に、貢献することを向けます。

「私達は心配と総合的な生物学を調整するために専門用語が頻繁に公共および政治討論で - 呼出しに終って… - 例えば、生物学的多様性のコンベンションの現在の交渉に関連してどのように混同するか」言いました Katja ベッカー、椅子および副大統領 DFG の上院の任務の教授先生を注意しました。 「科学的な観点から、方法論的なアプローチの唯一の雇用は総合的な生物学のフィールドと一致することができません。 従って総合的な生物学によって作り出される有機体の可能で新しい特性に有機体の査定および潜在性の規則についての議論は焦点を合わせるべきです」。

討議資料では、 DFG の上院の任務は総合的な生物学の概念の間で明確な区別をおよび根本的な方法および技術引くことは重要であることに注意します。 それはまた更に総合的な生物学の原則そしてアプローチを開発することによって提供される革新のための重要な潜在性に下線を引きます。 任務は利点のためのこの潜在性が (biosecurity および二重用途) biosafety および潜在的な誤用に関して可能な危険に対して釣り合い、また倫理的な問題の観点から考慮されなければならない付け加えます。 ただし、ターム 「総合的な生物学」は多くの異なったタイプの研究をカバーするので、一般化された結論に達することは可能ではないです - むしろ、これらの問題はケースバイケースで考慮される必要があります。

現在遂行される作業の種類は新しく潜在的な biosafety の危険、完了される上院の任務をもたらしません。 総合的な生物学で使用される研究のアプローチから起こる倫理的な問題が遺伝子工学および幹細胞の研究に関して倫理的な質問の既存のスペクトルの内で落ちることがまた分りました。 ただし、科学的な進歩の予防的で倫理的なモニタリングは必要です。 生物的安全 (ZKBS) の中央委員会はまた厳密に監視します開発を続けるべきです。 これはそのようなシステムがまだ現在実現から遠いのに自律的に自然な青写真 (人工生命) なしで生成されるシステムを複製することの開発のための考えに特に適用します。

2009 年の文の討議資料の造り 「総合的な生物学 - DFG、 acatech (ドイツのおよび工学国家科学院) および研究のこのフィールドと関連付けられた機会および挑戦を検査した Leopoldina ドイツの国家科学院が出版する位置」。

ソース: http://www.dfg.de/en/