調査: 乳房切除は完全に未来の胸イメージ投射のための必要性を除去しません

胸の保存療法のために資格がある乳癌患者の割合は残りの胸のティッシュの未来のスクリーニングやバイオプシーを除去する欲求を含んでいる理由のために、けれども乳房切除を、増加しています、選択します。 シナイ山で Icahn の医科大学院で研究者が導く新しい調査は乳房切除を持っていることが完全にそれ以上の胸イメージ投射調査のための必要性を除去しないことを定めました。

外科腫瘍学の史料の 9 月にオンラインで出版されるこれらの結果は医学および外科意志決定のガイドの乳癌患者そして彼らの医者を助けることができます。

「タイトルを付けられる調査はイメージ投射およびバイオプシーのための必要性を乳房切除の後で定義して」、 1 面すべての乳房切除のケース、またはシナイ山の病院の Dubin 胸の中心で行われる両側の回顧の検討です。 後乳房切除のイメージ投射およびバイオプシーのレートは断固としたでした。 研究者の知識に、これは発生を記述し、乳房切除を経る患者の postoperative イメージ投射そしてバイオプシーのために必要とするべき最初の調査です。

「処置の自主性そして選択は励まされ、患者のために権限を与えることができます。 しかし意志決定はまた心配、恐れおよび苦脳で起因できます。 何人かの患者は実際はこれが必ずしも医学的に有利なコースのとき、これが胸イメージ投射のための必要性を減らし」、言った Soojin Ahn、 MD のシナイ山 St Luke、胸の外科の助教授を後で切り取って検査するという希望のより広範な外科を選択するかもしれません。

研究者は一方的な 185 (1 つの側面) および行われた 2009 年と 2015 年間の乳癌のための 200 の両側のある (両側の) 乳房切除のケースを識別しました。 平均直接追撃のピリオドは 30 か月でした (月の番号は 3 から 75 まで及びました)。 185 人の一方的な患者の、 19 は (10%) 精密身体検査の調査結果、 11 (6%) 経ましたバイオプシーを、および 2 にかかわるためのその側面 (すべての超音波) のイメージ投射を (1%) 示しました悪性の調査結果を経ました。 200 人の両側のある乳房切除の患者の、 31 は (15.5%) 前の癌と側面で行われた超音波の 76% のイメージ投射を (29 超音波および 2 MRIs)、必要としました。 続いて、これらの患者の 16 に (8%) 前の癌と同じ側面で行われた 16 のバイオプシーの 11 のバイオプシーが、 (69%) ありました。 この側面でできていたバイオプシーの 3 つは (1.5%) 反対側で行われた 5 つのバイオプシーがすべて温和だった一方、敵意を示しました。

Ahn 先生は 10% のために彼女の同僚ことをに一方的のまたは両側のある乳房切除経る患者の 15.5%、それに続くイメージ投射必要となります結論を出し、 6% から 8% 最終的にバイオプシーを経ます。 敵意のレートは低い、およそ 1% 見つけられました。 それにもかかわらず、研究者が乳房切除はイメージ投射およびバイオプシーのための必要性を除去しないことを結論を出した十分なケースは識別されました。

「この情報忍耐強い理解のために重大であり、意志決定」、は胸の外科の Elisa ポート、 MD、 FACS、責任者および Dubin の乳癌の助監督を言いました。 「医者および彼らの患者は後操作中の直接追撃のためのさまざまな臨床要因そして現実的な予想の注意深い考察の後で彼らの外科処置の決定をするべきです」。

ソース: http://www.mountsinai.org/

Advertisement