研究者は女性の非定型の心臓発作のための遺伝の危険率を識別します

米国からの国際的なパートナーと共同してレスターからのチームが、イギリスおよびパリ、フランス出版する新しい研究はおよびオーストラリア、重要な危険女性の非定型の心臓発作の相談する共通の遺伝要因を見つけました。

染色体 6 にある遺伝要因は成長の自発の冠状動脈の解剖の危険性を高めます (SCAD)。 このタイプの心臓発作は妊娠の時のまわりに何人かの患者に含んでいる中年の女性にほとんど専ら若者に影響を与えます。

自発の冠状動脈の解剖は (SCAD)明白な健康の女性に影響を与えるようである心臓発作の独特な、非定型形式です。 病気の根本的なメカニズムは十分理解されていなく残りますが、影響を受けた患者は裁ち切りを開発するか、または冠状動脈の壁の内で傷つけます。 これは心臓発作の原因となる心筋に普通流れる血を防ぐ動脈の外部圧縮の原因となります。

レスターの病院の Adlam、 interventional 心臓学医およびレスターの大学の助教授デイヴィッド先生は、共同で作業を導きます。 彼は言いました: 「アジタイプの心臓発作を用いる人々のかなりの比率にまたボディで他の動脈で異常が他の所であることが示されていました。 最近の調査は識別しまの幹線異常 fibromuscular 異形成の高められた危険、アジの患者で共通タイプと関連付けられますように染色体 6 の遺伝要因を。 この調査で私達はこの要因がまたアジと関連付けられたかどうか調査しました。 そして答えは、この遺伝要因 - (ホスファターゼおよびまたアクチン調整装置 1) を遺伝の等価異形暗号 rs9349379 の A の対立遺伝子ある意味する PHACTR1 遺伝子に - ですアジのための危険率はいあります。

「興味深く、それはまた人および女性両方の危険を高めるために同じ遺伝の等価異形暗号の別の allelic 形式が (G) 既に」。知られている標準的な心臓発作からの小さい保護効果を与えるようです

、 Nabila Bouatia-Naji 先生は INSERM のパリの心血管の研究所、パリ、フランスのそしてチームリーダー研究責任者言いました: 「A の対立遺伝子のもう一つの重要な機能は一般群衆で非常に共通である軽度の危険の増加他の多くの遺伝要因がまたアジへの遺伝の耐障害性に貢献しなければならないことを示すおよそ 70% の相談することであり。

「開発に貢献する多くの遺伝および環境要因があるあらゆる病気と同じようによりよくそれを理解し、影響される患者の管理を改良できるために、アジは全体アプローチと調査される必要があります。 今では心循環器疾患は乳癌の後に女性間の一流の死因です、従ってよりよい理解は女性の心血管の健康のよりよい把握に医学および科学的な専門職によるこれらの非定型の心臓発作一般に貢献します」。

まれであることを考慮するが最近の調査は実際に 60 年齢以下女性の激しい心臓発作の 3 分の 1 までに責任があるかもしれないことを示します。 これらのタイプの心臓発作のレートははっきり患者が古典的な危険率と示さないかもしれないので過少見積りされます。 なお、正しい診断は複雑です; それは洗練された映像技術および臨床専門知識を必要とします。

レスターおよびパリの調査チームにアジの徹底的な遺伝のマップを確立し、準の遺伝要因の生物的結果を強調する国際的な同僚が付いている作業に共通の野心があります。 最終目的はよりよくこの条件のための原因そして最もよい処置を理解できることです。

ソース: https://le.ac.uk/

Advertisement