パーキンソン病のための Biomarkers を検出するマルチプレックス試金を使用して

Thought LeadersDr. Nicole Polinski & Dr. Elnaz AtabakhshAssociate Director of Research Programs, Senior Product ManagerMichael J. Fox Foundation & Abcam

パーキンソンの研究 (MJFF) のためのミハエル J. Fox Foundation からの先生および Elnaz Atabakhsh パーキンソンのための biomarkers および MJFF と Abcam 間のパートナーシップを開発する重要性を論議する Abcam からの先生とのニコール Polinski インタビュー。

どの biomarkers が現在およびなぜこの条件のためにパーキンソン病のために追加 biomarkers 必要とされます使用されますか。

ニコール: パーキンソン病の診断はモーター徴候の存在に基づいています。 患者はバランスおよび足取りの震え、か問題と普通モーター機能障害の古典的な認刻極印はあるかどうか示し、定める一連のテストを経ます。 病気はただ偽りなく事後分析後確認されます。

神経のシナプス - 運動ニューロンパーキンソン病で影響されます - KateStudio 著実例KateStudio | Shutterstock

私達に開発のイメージ投射 biomarker があります; それはその頭脳のスキャンドーパミンの運送者の手段のレベルです。 私達が見たものはパーキンソンを持つ患者に健全な制御よりより少ないドーパミンの運送者蛋白質があることです。

従って、パーキンソンがあるかもしれないかどうかわかることができるのはよい読み出しです。 ただし、より低いドーパミンの運送者の証拠がない徴候と示す何人かの患者があります。 これらの患者は別の状態があると考慮されます。

ここで、診断はモーター徴候および時々非常に高く、従ってほとんど使用される追加頭脳スキャンに基づいています。 これは基づいて患者がどのようにに感じるかモーター徴候が変動できるので問題を作成します。

私は私達が問題の医者に行った、それから魔法のように行きますところで私達にそれらの状況持たれているすべてがあることを考え。 それはパーキンソン病との同じです。 非常に主観的な読み出しを使うと、結果はあなたが他の多くの事間のパーキンソンで見て、経験医者に基づいて異なることができます。

私達は時間を渡ってより少なく主観的、より安定している、および、結局、トラック病気の進行を助けることができる何か必要としますこの病気のためのよりよい診断方法を。

neuroinflammation はどのようにパーキンソン病の病因に貢献しますか。 それはいつ現われ、 neuroinflammation のあらゆる測定可能なマーカーありますか。

ニコール: それは今でも大きい未解決の問題です: かどうかパーキンソン病の neuroinflammation は病気に一度貢献する最初に病気を開始するかどうかまたは開始しました。

私達はパーキンソンが 1 つの病気である倍数と考えます。 ある特定の場合発火がパーキンソン病の開発の原因となることは、頭部外傷のような、例えば、可能であることができます。 ただし、パーキンソンにリンクされたあったり発火と関連していなければ遺伝の突然変異が、私達は neuroinflammation がおそらく病気の進行の結果であると考えます。

今、私達にパーキンソンのための大きい biomarkers が実際にありません、従って私達は異なった試金およびパーキンソンの患者と健全な制御の違いを検出してもいいかどうか見るために異なったプラットホームをテストしています。 私は次のステップが間に差動免疫の署名が患者あるかどうか定めることであることを考えます。

それは非常に初期にまだあります; インフルエンザおよびサンプルコレクションおよび準備方法のような異なったウイルスへの露出に日の時から患者の炎症性署名に、影響を与えることができる多くの問題があります。

パーキンソン病のモデルを使用して、私達はパスを悩ますことを望んで、病気にかかわるパスのよりよい理解があれば多分私達は時刻か他の要因と変動しない何かを上流か下流見つけてもいいです。 私達はそれからよりよい読み出しを与える診断試験を開発してもいいです。

マルチプレックス試金で - Kateryna Kon が…使用する抗体の実例Kateryna Kon | Shutterstock

働きはどのように一緒にパーキンソン病のための新しい biomarkers を検出するミハエル J. Fox Foundation および Abcam のありますか。

Elnaz: Abcam およびミハエル J. Fox Foundation はずっとほぼ 10 年間協力しています。 共同は困難に検出しますパーキンソン病のターゲットを抗体をのための開発することを向けます。

もっと最近、 Abcam および MJFF の共同は私達のマルチプレックスプラットホームに拡大されました。 この特定の調査の目的は試み、私達が neuroinflammation の細かい条項の一部を悩ましてもいければ定めることでした。 例えば、それは激しい対慢性ですか。 あらゆる性特定の構成部がありますか。 使用しても入っているものがのために CSF で私達は代用の読み出しとして血清のサンプルをいいですか。

研究は内部 biomarker の開発のプラットホームおよび内部抗体から成り立つマルチプレックス試金である Abcam の FirePlex のプラットホームを使用しています。 これは必要である何が丁度構築するためにそれに実際に一義的なツールをします。

ずっと私達が私達の試金のチームが広範囲の neuroinflammation のパネルを開発することを可能にしている MJFF で科学者からのフィードバックを取ったのは実際に共同の努力です。

ニコール: 私はこのパートナーシップへの最も大きい利点が共同どのようにあるかであることを言います。 それは既に設定されていたものを精製する幾つかの繰り返しおよび多くの協力でした。

プラットホームはどのように FirePlex の働きますか。

Elnaz: FirePlex の技術は前に MIT で bioinert の粒子に液体止め釘を重合させるのに写真平版の方法を使用する約 10 年開発されました。 FirePlex はマルチプレックス核の酸ベースの検出のプラットホームおよび私達がマルチプレックス免疫学的検定をまた開発することに拡大した私達の社内抗体の開発の専門知識を使用することとして開始しました。

今、私達に 2 つの免疫学的検定オプションがあります; 選別のために設計されている動作し、 1 つは簡単な、 automatable 作業の流れの 384-well フォーマットで。 第 2 は 96-well 版のフォーマットでプラットホーム動作し、 biomarker の発見のために設計されていますです。 これらの多重型にされた試金はとりわけ捜しているものを必ずしも知らないときのために設計され、広い一組の検出の範囲を見たいと思います。

FirePlex の技術の目的はかなり簡単です: biomarkers のそして確認のための発見を可能にする技術のプラットホームを提供するためには小さいサンプル入力を使用して遂行されるために調査します。

私達は 1 の特定のグループがサンプルの有限なボリュームとアドレス指定することを試みている何百ものプロジェクトがあるとき臨床医に何百ものちょうど 1 つのプロジェクトのためのサンプルのマイクロリットルまたはミリリットルを供給するように頼むことは可能ではないことをわかっています。 従って、貴重なサンプルを減らさないで限られたサンプル入力をまだ先発の biomarker の調査はサポートできて重要であり。

試金で人工物を作成する追加変数はもたらされていないことをそれが意味するのでサンプル分析なしで biofluids から直接働けますまた重要です。

私達のパネルほとんどすべては私達の共作者からのフィードバックによって知らせられました。 私達は科学が真空で起こらないが、でしたり偽りなく共同の努力であるのでこれが重要と考えます。

何を今のところ見つけてしまいましたか。

Elnaz:  私達は病気とのそれらからのパーキンソンなしで人々の区別を助けるかもしれない蛋白質および microRNA の biomarkers を捜していました。 免疫学的検定から、私達は興味であるかもしれないある個々の analytes を識別しました。

予備の調査に基づいて、私達は neuroinflammation がパーキンソン病によい biomarker を提供できることを信じます。 私達は更にパネルデザインを調整し、私達が含んでいるターゲットへのある修正をする必要があります。 私達はまた高い expressers および低い expressers に多分更にそれらの analytes の測定を高めるためにパネルを分割します。

microRNA の側面から、私は私達が血清の神経特定のマイクロ RNAs の強化を見ることは興味深いことを考えます。 それはこれらの異なるマトリックスの間の通信連絡のレベルを見ていることかなりよい内部確認です。 私達はまだこれが意味するものを調べるために持っています。

私達はデータを配列する RNA が狭くし、別のパネルデザインを知らせるのを助けるかもしれませんことを予想しています。

RNA の - ktsdesign によって…配列のための RNA の実例ktsdesign | Shutterstock

どのように近くパーキンソン病の処置そして予想を診断し、知らせるのを助けるために働く biomarkers の完全セットの作成に私達をあります考えますか。

ニコール:  私達は私達があったあることがより近いです。 この作業を運転した事の 1 つは研究の患者の忍耐強いグループそして参加の生成です。

私達にパーキンソン病のためのすばらしいモデルがありますが、起こっているものが実際の、人間の患者と理解する必要があります。 こういうわけでミハエル J. Fox Foundation および他のグループは忍耐強いグループの開発に投資して、患者および彼らの臨床徴候の多くの情報を集めています。

私達はまた私達が病気の進行を観察し、さまざまな読み出し間に相関関係、 neuroinflammation のような、および病気の国家があるかどうか見るために biofluid のサンプルの変更を捜してもいいように、患者を縦方向に監視します。

私達はこれらの患者の側面図を描くことに病気および病気の不均質のパーキンソン病、進行を理解するために DNA、 RNA、脂質、炎症性署名および他の変数の相違を見ることによる巨大な努力を入れています。 のはおそらくパーキンソンがあるかどうか言う私達に、それ危険を高めるか、または減らすこの分子署名であることを行っています行っている 1 つの事ではないです。

Elnaz: multiomic 署名の考えは私達が今 biomarkers の識別に標準および受け入れられたアプローチとしてそれを見始めていることを受け入れられるためにしばらく時間がかかったが私は考えます何かです。

皆が認識するものはこと間、例えば、蛋白質の biomarkers するある特定の条件の存在の明記の素晴らしい働きを、特定の病気のステージングを明記できないかもしれませんまたは進歩の程度、か重大度、等。 脂質または genomic マーカーのような事を結合することはまたうまく行けば misdiagnosis の可能性を減らします。

翌年は何に PD の研究をのように見えますか。

ニコール: 私達のグループのいくつかからこのプロファイル情報を手に入れることはです私達が縦方向に追跡している患者から非常に報知的、特に行っています。 これらの患者からのサンプルを見、私達が進んでもいい鉛があるかどうか見ることは巨大であることを行っています。

読取装置はどこでより多くの情報を見つけることができますか。

先生についてニコール Polinski

先生のニコール Polinski - 被面接者 Headshotニコールは Kalamazoo の大学からの生物学の学士号およびミシガン州立大学からの神経科学の博士号を得ました。 彼女の前の研究はパーキンソンのような年齢関連の neurodegenerative 病気の使用のための老化させた頭脳の遺伝子療法を特徴付け、改善することに焦点を合わせました。

パーキンソン病を研究する彼女の経験に加えてニコールはまた神経科学および MJFF の公序プログラムのための社会が付いている国会の神経科学およびパーキンソン病の研究の投資のために支持しました。

MJFF で、ニコールは Preclinical ツールをおよび Preclinical モデル彼女が学術のグループを使用するポートフォリオが、生成するための基礎の努力を促進するために研究組織を引き締める、および薬剤パートナーを管理し特徴付け、そして広く新しい配りま、パーキンソンの薬剤の開発および基本的なリサーチのためのツールを研究可能にします。

先生について Elnaz Atabakhsh

先生の Elnaz - 被面接者 HeadshotElnaz はオタワの大学からの生物化学の名誉 B.Sc、および西部のオンタリオの大学からの生物化学の Ph.D を得ました。 彼女は Abcam を結合する前にマサチューセッツ総合病院の蟹座の中心で博士課程終了後の団体にそれから、行きました。

彼女の研究は癌の開発および進行のシグナリングプログラムの規制解除、また後成の変調器が癌の限定番号の変化を促進するメカニズムに焦点を合わせました。

Abcam のマルチプレックス試金のための年長のプロダクトマネージャーとして彼女の現在の役割では、 Elnaz は製品開発、商業化およびマルチプレックス試金のポートフォリオと関連している共同のプロジェクトのための視野を形づけるために責任があります。