調査は伝染の初期のウイルスの広がりを遅らせる HIV 蛋白質の特定の機能を見つけます

マサチューセッツ総合病院の調査チームからの (MGH)調査は伝染の初期のウイルスの広がりを減速するようである関連ウイルスおよび HIV で見つけられる蛋白質の特定の機能を識別しました。 しかし彼らはまた最初に伝染ことをの広がりを減速した後、その機能がウイルスが免疫反応をことを避けることによって後の方で存続するのを助けるかもしれないことが分りました。 レポートはセルホスト及び微生物で出版されました。

「HIV 感染させたセルの移住性パターンを変更するために予測されるいくつかの機能の複数の蛋白質を使用します」は Thorsten Mempel、 MD、免疫学および炎症性病気のための MGH の中心の PhD を、レポートの年長の著者言います。 「私達の調査は感染させた T 細胞の機能を破壊するために責任があるように移行する蛋白質 Nef の特定機能を識別しました遅らせるウイルスが伝染の後で最初に広がるレートを。 ただし、その同じ機能は適応性がある免疫反応 - 特に細胞毒素の 「キラー」 T 細胞の応答 - が作動されるようになったらウイルスが後になって持続するようにしました。 これらの調査結果は HIV が感染させた動物の最初により遅い広がりを犠牲にして免疫反応を避けるのを助けるために Nef のこの機能が」。展開したことを提案します

- HIV が自由なウイルスの粒子としてボディ全体広げる慣習的な意見と対照をなして - ウイルスはティッシュおよび循環系を移動し、 uninfected セルが付いている直接接触によって伝染を広げる感染させた T 細胞によって運ぶことができることを Mempel のチームによる最近の調査および他は提案しました。 細胞移行を運転するために Nef が downregulate に両方前にシグナルの transduction にかかわる複数の蛋白質の機能およびプロセス思考を破壊するために示されてしまったので MGH のチームは丁度を Nef および他の HIV 蛋白質が感染させた T 細胞の運動性に対する効果をどのように出すか詳しい見てみました。

人間の免疫組織 - HIV に感染させるブランチされたフィラメントにことができる唯一の動物モデル - のキーエレメントを持つマウスの実験は Nef が蛋白質ことをのアセンブリそして分解の破壊によって感染させたセルの移行を減らすことサポートされた前の調査結果アクチンを呼出しました。 アクチンフィラメントはもう一方の端の膜を引き込めている間セルの形をサポートし、それらを 1 つの側面の外の膜を押すことによって移動することを可能にします。 Nef のこの機能は 「疎水性パッチ」の相互作用によって - PAK2 と呼出される酵素を含む細胞蛋白質のグループが付いている… - 密接に蛋白質の表面で間隔をあけられる水撃退のアミノ酸のグループ遂行されます。

最初の週メスマウスが HIV の 2 つの緊張と腟に再接種された後 - 疎水性パッチが破壊されるおよび 1 の unmutated 緊張 Nef の変異する形式との 1 匹 - Nef 突然変異体の緊張は支配的に、その緊張に感染した T 細胞が伝染を unmutated 緊張とのそれらより急速に広げたことを意味しますなりま。 しかし一定時間にわたり突然変異体の緊張は消え、 HIV の unmutated 緊張は支配的になりま、反 HIV 細胞毒素の T 細胞の応答の高められた作業と一致します。 著者はまたウイルスの存続への利点が免疫組織に応じて生きた動物で現在の圧力を発達させたことを提案する細胞調査で Nef の unmutated 形式で疎水性パッチによって見られなかった相談したことが分りました。

「私達は HIV が免疫反応を避けるのを助けるために Nef の他の機能が本質的に展開するようである従ってアクチン細胞骨格の中断が同じような目的を機能するという意味を」、言いますハーバード衛生学校に仲間の医学部教授である Mempel を成していますことがわかります。 「これが生きた動物でだけ現われるという事実ははっきりウイルスの重要な生物的特性が HIV を調査するのに従来使用される細胞培養システムで明白ではないことを提案します。 これはどんな HIV がについて検出することがすることができ、もの潜在的な弱さがであるかまだたくさんあることを意味します。 重要なのは細胞骨格を破壊する Nef の機能を目標とすればことは可能になれば私達はワクチン接種または広く中和の抗体のような抗ウィルス性の処置の作戦に HIV の脆弱性を、高められますかもしれません」。

ソース: https://www.massgeneral.org/about/pressrelease.aspx?id=2336

Advertisement