EU の出資によるプロジェクトは大人の幹細胞の老化の分子メカニズムを調査します

幹細胞は人体の最終的な母細胞です。 ボディが必要となると同時にそれらに特定のセルタイプに自己更新する容量だけが成長してもいいですあります。 しかし人体として、私達の幹細胞の再生容量減少します老化します。 従って例えば他の血球を再生する hematopoietic (HSCs) 幹細胞の容量が減少するので、そう私達の免疫組織をしま、癌のような無秩序をもたらします。

よりよく癌のような - 扱うため - 年齢関連の無秩序を理解するために、 SyStemAge の EU の出資によるプロジェクトの研究者は赤い骨髄の小生息区内の HSC の老化を調査し。 「癌への脆弱性が免疫組織の低下と関連付けられるので、私達の幹細胞の再生機能の損失は癌を引き締める傾向のための早期警報の印として」説明します Adndrey Zaritskey、ロシアの Almazov の医学研究の中心、 SyStemAge のプロジェクトのパートナーの 1 の主要研究者を解読することができます。 「モデルとして HSC そして小生息区を使用して、私達の目的は大人の幹細胞、この老化の結果の老化の分子メカニズムのシステムレベルの理解を開発することでしたおよび年齢関連の変化および病気を訂正する方法」。

B-CLL の専門知識

B 慢性の lymphocytic 白血病 (B-CLL)、血の癌のタイプおよび骨髄の優秀な研究機関、血液学の協会は Almazov の医学研究の中心にで B-CLL の患者からの重要な洞察力をプロジェクトに与えるために十分置かれました。

「私達の医療センターの主要部分である科学研究と私達はいろいろな患者を渡る HSCs を調査でき、年齢別グループは」、 Zaritskey を説明します。 「なお、私達の最新式機能はおよび biobank はそれ以上の確認の容易にヨーロッパの分子生物学の実験室へそれを、か EMBL を送る前に生物的材料隔離し、ソートし、保存することを可能にしました私達が」。

すべてに寄与します

B-CLL の臨床および基本的な面の Almazov の医学研究の中心の専門知識のおかげもあって、 SYSTEMAGE のプロジェクトは潜在的で新しい処置に HSC の老化についての知識を変換できました。 例えば、研究者は健全な人間の題材からの、また B-CLL の患者からの (MSC)骨髄のニッチの HSC、 mesenchymal stroma のセルおよび他の構成セルを隔離するための方法を標準化し、調和させていました。 「近い共同で、私達は B-CLL と生理学的な老化のメカニズムの相違を対それら比較しました」、 Zaritskey を追加します。

またプロジェクトの共同から寄与される Almazov の医学研究の中心。 「プロジェクトの結果私達が中心でここに行なっている進行中の臨床研究の基盤を」、は言います Zaritskey を築きました。 「それはまた京都大学との継続共同に開きましたドアを」。

しかし最も重大に、プロジェクト作業のから寄与するのは一般大衆です。 「私達の健康の主要な基礎 HSC によって維持される私達の免疫組織の状態」は追加します Zaritskey をです。 「老化することはすべての私達の体のシステム私達の血球健全利点を保つ多くの面があるかもしれないがそれがあるか私達が学んだ何 - より幸せで、より健全で長い生命に導きます」。

ソース: http://ec.europa.eu/research/infocentre/printversion_en.cfm?id=/research/headlines/news/article_19_02_07-1_en.html?infocentre&item=Infocentre&artid=49903

Advertisement