LGBTQ の青年は本当らしいです児童福祉システムの否定的な結果に苦しむために

、苦しむために本当らしいです新しい研究に従って児童福祉システムに住んでいる間レズビアン、ゲイ、両性体、トランス・ジェンダーおよび質問の (LGBTQ) 青年は擁護施設か不安定なハウジングに行きつきが、テキサス大学オースティン校に否定的な結果に、薬物乱用または精神衛生問題のような。

ジャーナル小児科の 2 月 11 日のペーパーでは、研究者は等級のカリフォルニアに住んでいる 593,241 の青年を 6-12 見ました。 サンプルの 1% 以下擁護施設か不安定なハウジングに住んでいました。 しかし研究者はだれが LGBTQ として識別された擁護施設に住んでいたか青年の 30% 以上調査したことが分りました。 だれが不安定なハウジングに住んでいたかパーセントの 25% 以上、調査しま LGBTQ として識別された友人の家、モーテル、避難所または他の過渡的なハウジングに住んでいますように定義されて。

「人々は LGBTQ の青年が児童福祉システムで過大代表されるが、少し証拠がずっとありますことしばらくの間かかわってしまいました -- 今まで」、スティーブン T. ラッセルのテキサス大学オースティン校の人間の開発そしてグループ科学の部門の椅子を言いました。

研究者はまた精神衛生上の問題に危険に感じたあります薬物乱用のハイレベルが分りましたので擁護施設か不安定なハウジングに住んでいる LGBTQ の青年が本当らしかったいじめられるためにことが苦しみます、持ち、低級、スキップの学校を。

「児童福祉システムが初めに過度に負わせられるという、そして LGBTQ の青年ディスクリミネーションのような問題および既に傷つきやすい個別の必要性が青年のための追加複雑さであること多くの不安がずっとあります、ちょうど児童福祉システムのあることの定義によって」とラッセルは言いました。 「私達はシステムに十分を投資しなくて、 LGBTQ の子供を含む最も傷つきやすい子供の何人かの個別の必要性に焦点を合わせていません十分を」。

LGBTQ の青年はグループか実行によって拒絶を含んでいくつかの理由で養護施設制度か不安定な収容におそらく危険に感じたので、ラッセル言いました行きついていますが、養育関係システムか不安定なハウジングになぜ行きついているか理解するためにより多くの研究は必要です。

現われた今月上旬に友達のペーパーでは、ラッセルはおよび同僚はジャーナル児童の虐待や放置で各国用に典型を見、レズビアン、陽気なおよび両性の青年が異性愛の同等者として養育関係システムに行きついてがほぼ 2.5 倍の同様に本当らしかったことが分りました。 性の識別はその調査で検査されませんでした。

研究者は 13 の州だけ性的指向に基づいてディスクリミネーションから児童福祉システムの青年を保護することを指摘しました。

フローニンゲンの大学のローラ Baams およびカリフォルニア大学の Bianca ウイルソンはまた研究に貢献しました。 研究は児童保健のためのユーニスケネディ Shriver の各国用の協会によってサポートされ、ちょうど学校の資金のための人間の開発、コミュニティおよび Priscilla はテキサス大学オースティン校で Flawn の寄付を池にします。

ソース: https://www.utexas.edu/

Advertisement