「失敗」、はもっと確信をもって絶食します: 薬剤の開発および発見のための成長の Organoids

insights from industryDr. Richard EglenVice President and General ManagerCorning Life Sciences

ニュース医学このインタビューでは効力、毒性および pharmacokinetics のための候補者の混合物のスクリーニングを含む薬剤の発見の作業の流れの organoids の使用についてコーニングの生命科学からの先生にリチャード Eglen、話します。

organoids は薬剤の発見および preclinical 開発で何およびどのように使用されますですか。

Organoids は人体内の器官をまねる複雑な 3D セル構造です。 organoids の主な利点はそれらが科学者がもっと生理学的に関連した文脈のセルを調査することを可能にすることです。 これは organoids が第 2 細胞培養より人体のよいモデルを提供するので、前臨床研究のために特に有用です。 例えば、毒性のために選別するのに organoids が使用することができ、調査するために候補者の新陳代謝の効果は人間の試験前に薬剤を入れます。

薬剤の発見motorolka | Shutterstock

Organoids はまた患者から除去されたそれらに人間の病気のためのすばらしいモデルをするセルから生成することができます。 頭脳、レバーおよび腎臓をまねる物を含んで、現在利用できる複数のタイプの organoids があります; 頭脳をまねるそれらが Alzheimer およびパーキンソンのような病気のモデルを開発するのに使用することができます。

organoids はどんな利点を第 2 細胞培養に提供しますか。

前に述べられるように、主要な利点は臨床試験を入力する前に薬剤のためのより予言する結果を得ることができることです。 これに加えてセルが伝えることを意味する人体の中でと同様に人間の臓器をまねるために、 organoids のセルは建築学上では配列されます。 これは科学者が健全なティッシュからのセルのシグナルそして応答を調査し、特定の病気の州とこれを比較することを可能にします。

セルが平面で配列されるので、ずっと確実な生理学から取除きます動作を実際にの従来の第 2 細胞培養とのこれすることができません。

第 2 細胞培養が旧式になると考えますか。 この従来のモデルのための役割まだありますか。

第 2 細胞培養は長年に渡ってありました。 それは定期的に使用される高いスループットスクリーニングの器械使用およびロボット工学の多数と互換性があるので薬剤の発見のための非常に強力な方法に残ります。

第 2 文化は結果を生みます; 第 2 文化を使用して識別された多くの正常な薬剤がずっとあります。 ただしある約束の鉛が、または逆に抜けていたことは、状態に可能、臨床的に不完全に変換しましたです。 これは 3D 細胞培養が入るところです。 どんな 3D 文化がしているか薬剤の開発プロセスの理解の別の層を追加しています。

私は人々を異なったモデルの彼らの混合物の効果を比較することを許可することを 3D 文化と組み合わせて使用し始める従って彼らの潜在的な臨床作業のよりよい理解を開発しなさいことを第 2 がなくなる筈だが私が考えることを考えないし。

主要な目的は 3D 細胞培養の技術を第 2 文化同様に簡単そして使いやすくさせることでありそれはコーニングが入るところです。

何 「失敗薬剤の発見という点において」、は平均および開発および句どのようにですサポートこのメッセージ技術を提供するために働くコーニングの生命科学もっと確信をもって絶食させますがか。

薬剤の発見は長く、高いプロセスです。 幾年もの間これらの混合物を調査して、効果を評価するために何百万を使うので最も大きい支出の 1 つは忍耐強い試験です - この段階に達するどの薬剤でもよい成功の可能性があることを確かめたいと思います。

「失敗の後ろの考えは絶食しますが、もっと確信をもって」臨床試験に達する前に有毒か作動しない薬剤を前もって識別することを試みることです。 結果が正確であることこれをすぐにしたいと思い確信している感じます。 それから、化学者と薬剤を修正するか、または次の混合物に進むために働くことができます。

先になら低毒性とアクティブ混合物を識別できれば、またその逆にも、より本当らしいです臨床試験は成功。

コーニングに細胞培養のための成長の技術で 50 年の歴史があります。 実際は、私達は百年以上生命科学のための技術を一般に開発して、私達の製品の多数は薬剤の発見の実験室で働いている学術の研究者、また薬剤の科学者両方によって使用されます。

Corning® Matrigel® は科学者がサポートするのに使用 organoid 成長できる私達の代表的な製品の 1 つであり。 さらに、ずっと私達は人々が 3D 細胞培養を単にそしてすぐにすることを可能にする成長の製品に焦点を合わせています。 私達はまた 1 日あたりの 1まで ,000,000 の混合物の高いスループットスクリーニングのための 1536 の井戸が付いている回転楕円体の microplate のような製品を開発しました。

私達に実験室がプロセスに採用することができるように 3D 細胞培養をよりアクセス可能にそしてより容易させている非常に強力な製品のポートフォリオがあります。

文化のセルギオバンニ Cancemi | Shutterstock

SLAS 2019 年で、コーニングの科学者の 1 つは肝臓毒素のレバー回転楕円体そして検出のポスターを示しました。 薬剤の開発という点において研究および重要性についての私達に言うことができますか。

それは organoids を作り出すための最もよいセルタイプのがレバーセルである、または hepatocytes ことなります。 コーニングで、私達は人間のレバーの非常によい 3D モデルを作成するのに使用することができるレバーセルラインを開発しました。

私達が SLAS 2019 年で、私達示した調査で新しい混合物の新陳代謝の効果を予測するレバー回転楕円体の機能を見ました。 私達は回転楕円体が 3 第 2 文化で育ったセルより敏感倍で、混合物がセルによって新陳代謝した後起こった毒作用を予測正確にできたことが分りました。

多くの薬剤はレバー毒性が原因で失敗します、従ってリアルタイムのこれを予測し、機密性が高いデータを得られます私達のため巨大な一歩前進でした。 すべてのタイはのその主題にこの、 「速く、もっと確信をもって失敗します」。

どんな助言を organoids をはじめて使用について考えている科学者に与えますか。

organoids を使用に関しては、主要な障壁の 1 つはあなたが各セルタイプのために必要とする異なったプロトコルです。 例えば、頭脳の organoids の微分を促進する成長因子は organoid レバーを育てることをあなたは必要とする成長因子と非常に異なる行っています。

回転楕円体の microplate 内の Matrigel のようなマトリックスを使用して organoids を育てることはよいオプションです、またはより複雑な organoid モデルに移動する前に 3D 文化のセルの動作について学び 3D 回転楕円体のような単純システムから始めることを好むことができます。

何薬剤の発見および開発の organoids の使用のためののように未来の見えを考えますか。 どのようにコーニングの生命科学を担いますこれの役割を考えますか。

確かに、 organoids は科学者が痴呆およびパーキンソン病のような病気に導く基本的な変更を理解することを試みている神経科学フィールドの強力な病気モデルを、特に提供する行っています。 これらの病気は長い時間のピリオドに成長します、従ってあなたが多くの週の間調査できる 3D モデルを持っていることは重大です。 これは 4D 細胞培養と名づけられるかもしれません!

人間の病気の私達の理解を高めることに加えて、 organoids は人々が混合物薬剤の慢性の効果を調査する、またこれらのための処置のメカニズムの複雑な分析を遂行することを可能にします。

将来、これらの organoids のほとんどは患者から取られた pluripotent 幹細胞から育ちます。 これは organoids にその特定の患者数からの同じ遺伝学そして生理学がおよびこうしてあることを、使用されています個人化された薬の開発のための忍耐強いグループを成層化するのに意味します。

会社として、コーニングはこのフィールドではたらいている科学者をサポートするために新技術を開発し続けます。 私達の強さは物質科学にあります、従って私達は多分全新しい時代に organoids を運ぶ新しい表面、新しい媒体をおよび新規アプリケーションを貢献します。 私達はまたレバー回転楕円体および他のセルタイプで私達の作業を続けます、従って私達は私達が高いスループット実験室の使用のための 3D モデルを大量生産している段階に得てもいいです。 1 日あたりの百万の混合物を調査したいと思えば多くの回転楕円体を必要とします。

読取装置はどこでより多くの情報を見つけることができますか。

コーニングの生命科学による 3D 細胞培養の解決

先生についてリチャード Eglen

リチャード Eglen の写真リチャード M. Eglen 先生はコーニングの生命科学の現在の副大統領そして総務部長、ボストン、マサチューセッツ (米国) の外で基づいてコーニング Incorporated の操作部分です。 Eglen 先生は構成の管理そして戦略的な方向を担当します。

リチャードは経験 40 年のに」生命科学工業の持っています。 2011 年にコーニングを結合する前に、彼は PerkinElmer に生物発見の大統領、薬剤、診断の、そしてバイオテクノロジー工業の他の管理管理位置を保持し。

Eglen 先生は主薬剤ターゲットで、 GPCRs、キナーゼおよびイオン通信系統を含んで、また高スループットスクリーニング、イメージ投射および biomarker の検出のための試金および器械の技術開発で広く働き、出版しました。 彼は 325 以上の出版物、本の章およびパテントを書き、多数の企業、学術の状況報告で役立ち、そして編集委員会を日誌に記します。 彼は最も最近実験室自動化およびスクリーニング (SLAS) のための社会の大統領でした。

約コーニングの生命科学

コーニングの生命科学は研究者に新しく、革新的な実験室の技術を世界的に持って来続けます。 生命科学アプリケーションのための会社の良質、革新的な製品はそしてサービスは世界中の人々が人生の変更の発見をし、提供することを可能にします