帝王切開 - 帝王切開は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

帝王切開は腹部でなされる切り傷によって赤ん坊を配信するために行われる腹部の外科の形式です。

帝王切開はいつ必要とされますか。

プロシージャは必要であるまたはそれ行われるかもしれませんかもしれませんこと妊娠の間に明白になれば帝王切開 (C セクション) は緊急の介在として計画される。

a.c. 状況のある例 - セクションは必要下記のものを含んでいますです:

労働の非進歩

延長された労働は A.c. - セクションの共通の理由です。 労働は頚部が収縮にもかかわらず十分に膨張しないか、または赤ん坊のヘッドが産道を通るには単に余りにも大きいので延長されるかもしれません。

胎児の苦脳

赤ん坊が十分な酸素を受け取らないかまたは心拍数が増加すれば、 A.c. - セクションは推薦されるかもしれません。

赤ん坊の異常な位置

腟生れのために、赤ん坊は通常子宮の置かれたヘッドであり、ヘッドは赤ん坊のボディの残りの前に出て来ます。 赤ん坊のバトックが産道に (最初に移動したら砲尾の位置) または赤ん坊は側面 (横断位置) で置かれます、 A.c. - セクション -- は助言されるかもしれません。

母の健康の心配

不安定な心臓病または高血圧のような病状は労働の危ない作ることができます。 A.C. - それらが配達の間に赤ん坊に渡すことができる伝染があるために母は知られていればセクションはまた HIV のような推薦されるかもしれません。

プロシージャおよびタイプ

行われる共通のタイプの C セクションはより低い腹部を渡って (LUSCS)作られる横断切り傷を含むぼうこうの上のより低い子宮セグメント C セクションちょうどです。  

C セクションのより少なく共通形式は赤ん坊を配信するためのより大きいスペースを可能にする腹部で作られる縦の切り傷を含みます。 ただし、このプロシージャは LUSCS よりより多くの失血そして大きい合併症を起こす確率と関連付けられなく、まれに今日使用されています。

ほとんどの場合、局所麻酔法は A.c. - セクションのために管理されます。 Epidural 麻酔はウエストからの苦痛の感覚をなくします。 まれに、全身麻酔は使用されるかもしれません。

a.c. - セクションと関連付けられる危険

C セクションは共通プロシージャであるが、まだある特定の危険度と関連付けられます。 C セクションの主要な危険のいくつかは下記のものを含んでいます:

  • 外科の間の出血
  • 苦痛
  • 切り傷の傷の伝染
  • 子宮のライニングの伝染
  • ぼうこうまたは腸のような周囲の構造への損傷
  • 肺で打ち切り、蓄えるかもしれない足の血栓症

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://www.nhs.uk/conditions/Caesarean-section/Pages/Introduction.aspx
  2. http://www.nice.org.uk/nicemedia/live/13620/57163/57163.pdf
  3. http://www.wsnm.org/Images/PDFForms/Cesarean.Sections.pdf
  4. http://www.who.int/healthsystems/topics/financing/healthreport/30C-sectioncosts.pdf
  5. http://kebijakankesehatanindonesia.net/sites/default/files/file/KIA/ova/Artikel/indications%20for%20Cesarean%20section.pdf
  6. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/cesareansection.html
  7. http://bestcsectionrecovery.com/wp-content/download/C-Section_Guide_Booklet.pdf
  8. http://www.midwivesofheadwaterhills.ca/pdf/cesareanbooklet.pdf
  9. http://www.womenobgyn.net/pdf/wgon_C-Section.pdf

[深い読み: 帝王切開]

Last Updated: Jun 2, 2014

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post