腎臓の移植は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

腎臓の移植は 1 人 (提供者) からの健全な腎臓がほとんど腎臓機能 (受信者) がある人に転送される操作です。

正常な腎臓および機能

腎臓は ribcage の下にボディの各側面に、ちょうどある 2 つの豆型器官です。 これらの器官は血からの廃棄物をフィルタに掛け、尿に無駄を変換するために絶えず働きます。

腎臓の移植はいつ必要とされますか。

腎臓機能の損失はこれらの廃棄物が生命にかかわる複雑化の原因となるボディで造り上げることができることを意味します。 通常腎臓は少しの損傷と作用できます。 進歩的な損傷とそれは 「端段階腎臓病」のか ESRD と呼出される帰還不能限界点に達するかもしれません。 これはまた慢性腎不全と呼出されます。 これは腎臓の移植を必要とするかもしれない共通の条件です。

最初の段階で供給の腎臓が使用できる前に腎臓の機能は人工血液のフィルタに掛けるプロシージャによって呼出される透析によって複製されます。 しかし透析は端の段階の慢性の腎臓病の残物の腎臓の移植のための選択の不便、高く時間のかかる処置のどちらである場合もあります。

タイプの腎臓の移植

存続するボディおよび人の必要性だけに 2 つの腎臓が 1 つの腎臓あります。 従って、他の臓器提供とは違って中心を好めばレバーは、生きている提供者腎臓を寄付するかもしれません。 これは理想的に血液型およびティッシュのタイプが一致するように近親者べきです。 このタイプの寄付は生きている寄付として知られています。 同じような血およびティッシュのタイプはボディは腎臓を拒絶するあることを保障します。

腎臓の寄付は最近停止してしまった提供者からまた可能です。 これらはティッシュおよび血液型のタイプの受信者に一致させ、ボディによって拒絶の危険に直面しないかもしれません。 ボディは異物として新しい腎臓を感知し、それに対して免疫の攻撃を取付けます。 これは薬剤を抑制する長期免除の使用によって抑制することができます。

腎臓の移植プロシージャ

外科は全身麻酔の下で一般に行われます。 腹部は外科医の場所より低い腹部の中の新しい腎臓開き、既存の腎動脈に新しい腎臓の動脈および静脈および病気にかかった腎臓を除去した後静脈を接続します。 元の腎臓のような尿を作る新しい腎臓を通る血の流れ。

腎臓の移植の危険

腎臓の移植は主要な外科的処置であり、共通の危険は凝血の苦痛、出血、伝染および形成の危険を含んでいます。 長期危険は受信者のボディによって供給器官の拒絶に関連付けられます。 薬物を抑制する免除はまた長期使用で扱いにくいかもしれない副作用をもたらします。

腎臓の移植の後の生命

腎臓の移植が禁煙と健全なべきだった後健康食を食べる生活様式負けた重量および規則的に運動するため。 これらの手段はできるだけ長くのための寄付された器官の腎臓病の手始めをほとんどの場合また防ぎます。

展望は生きている寄付があった、または近親者からの 1 または受信者等の同じティッシュのタイプ、年齢および汎用健康状態との誰かです人に通常効果的。

移植の 90% に外科の後の 1 年を働かせるべきです。 生きている寄付を受け取る人々の 10 からのおよそ 8 は寄付を受け取った後少なくとも 5 年間住んでいます。

若者達および子供は大いにより長く住んでいます。 デッド提供者からの腎臓の受信者の成功率 (少なくとも 5 年の存続) は 10. の一般に 7 です、死んだ提供者からの移植に 15 年の中間の残存率、および生きている移植が約 18-20 年あります。

4 月 Cashin-Garbutt 著見直される、 BA Hons (Cantab)

深い読み

ソース

  1. http://www.nhs.uk/conditions/Kidney-transplant/Pages/Introduction.aspx
  2. http://www.patient.co.uk/doctor/Renal-Replacement-Therapy-and-Transplantation.htm
  3. http://www.uroweb.org/fileadmin/user_upload/Guidelines/23%20Renal%20Transplant.pdf
  4. http://www.kidney.org/atoz/pdf/kidney_trans.pdf
  5. http://kidney.niddk.nih.gov/kudiseases/pubs/transplant/transplant_508.pdf

Last Updated: Oct 8, 2014

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post