凝血 - 凝血は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

血液凝固か、または凝固は傷害に応じて出血することを防ぐか、または切れるように設計されている正常で複雑な身体プロセスですが。 ただし、時々凝血は中心、肺または頭脳のような重大な位置で時間に扱われなければ形作り、深刻な複雑化を引き起すことができます。

血塊は幹線および静脈の血管に発生できます。 動脈は中心からのそしてボディのまわりの新しく、酸化された血を (静脈はボディの残りからの中心に戻って deoxygenated 血を運ぶ容器であるが、肺に血を運ぶ肺動脈から離れて運ぶ) 血管です。

幹線血栓症

動脈か幹線血栓で形作る凝血は主要な器官への血の流れを妨げ、打撃、一過性脳虚血発作 (TIA かミニ打撃)、心臓発作、または周辺幹線病気のような複雑化を引き起こすことができる非常に危ない血塊です。

静脈の血栓症

静脈の血栓は肺の深い足の静脈または血管のようなボディの深い静脈に発生できます。 深い静脈の血栓症は (DVT)通常苦痛および発火を引き起こす子牛または腿の大きい静脈に発生します。 血塊の部分はまた別の妨害を蓄え、作成するかもしれない肺に取り外し、移動するかもしれません。 これは肺エンボリズムと呼出される深い静脈の血栓症の可能性としては生命にかかわる複雑化です (PE)。 DVT および PE は一まとめに静脈の thromboembolism か VTE と名づけられます。

凝血と関連付けられる危険

血栓症および複雑化は一流の死因の 1 つおよび世界的に不能です。 条件は 40 年に老化する個人で共通ですしかし人々はあらゆる年齢で条件を開発できます。

血栓症の危険を上げる要因のいくつかは下記のものを含んでいます:

  • 血栓症、 DVT および PE の家系歴
  • 伝染、外科または発火の結果として血管の損傷
  • 経口避妊薬丸薬およびホルモン補充療法のようなある薬物
  • 肥満および太りすぎであること
  • 女性は VTE の特に妊婦の危険がある状態に多くです。
  • 長い一定期間の間作動しないです。 人が大手術の後で長期のベッドで、例えば置かれれば、 VTE の危険は劇的に上がります。 ベッド休養の長い期間の原因となる場合がある深刻な病気のある例は心臓発作、心不全、打撃および脊髄の傷害が含まれています。

血栓症の徴候

凝血の徴候は穏やかから厳しいまで及びます。 DVT では、標準的な徴候は下記のものを含んでいます:

  • 1 本の足、通常子牛の苦痛そして膨張
  • 血塊が形作った領域の暖かさの感じ。
  • 皮の、特にそして膝の後ろのの下の赤色化。

PE を持つ患者では、徴候は、血を作り出すかもしれないおよびかすかに感じるか、または配布で悪化する吸入、咳胸痛息切れを含んでいます。

サリー Robertson 著見直される、 BSc

ソース

  1. http://www.nhs.uk/conditions/Thrombosis/Pages/Introduction.aspx
  2. http://www.ahrq.gov/patients-consumers/prevention/disease/bloodclots.pdf
  3. http://www.nhmrc.gov.au/_files_nhmrc/publications/attachments/cp125_stop_the_clot_patient_brochure.pdf
  4. http://www.med.illinois.edu/hematology/PDF%20Files/Hemostasis.pdf
  5. http://www.clevelandclinicmeded.com/medicalpubs/diseasemanagement/cardiology/venous-thromboembolism/
  6. http://www.sign.ac.uk/pdf/pat122.pdf
  7. http://files.www.clotconnect.org/DVT_and_PE.pdf
  8. https://www.ghc.org/all-sites/guidelines/vte-diagnosis.pdf

[深い読み: 凝血]

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post