胃腸病学 - 胃腸病学は何ですか。

先生によって Ananya Mandal、 MD

胃腸病学のアメリカの大学に従って、胃腸病学は食道の正規関数の調査そして病気、胃、小腸、コロンおよび直腸、膵臓、胆嚢、胆管およびレバーです。

gastroenterologist は健全な消化力、栄養素の吸収、不用な、代謝過程の取り外しを維持するために腸および消化器を通してすべての前述の器官、また運動性の正常な生理学の詳しい理解がある必要があります。

gastroenterologist はまた胃腸システムの器官にのような影響を与える疾患の明確な理解がある必要があります:

  • 消化性潰瘍の病気
  • 胃癌
  • 食道癌
  • achalasia
  • バレット帽の食道
  • コロンのポリプ
  • コロンおよび腸癌
  • 膵臓炎
  • 膵臓癌
  • 胆嚢炎
  • 胆汁地域の病気
  • 胆嚢石および癌
  • 肝炎
  • gastroesophageal 還流
  • 結腸炎
  • 栄養問題および吸収不良、
  • 過敏性腸症候群 (IBS)
  • 他の病気の状態の多く

トレーニング

Gastroenterologist は最初に 3 年の内科の在住を完了しなければなりません。 彼または彼女は 2 から 3 年間胃腸病学の補助専門にされたトレーニング (団体) のためにそれから資格があります。 これは衛生学校の後で合計 5-6 年間をの追加専門にされた教育意味します。

団体はトレイニーに直接各国用に認識された専門家から学び、胃腸病気の詳しい理解を得るために働く機会を与える実地強く、厳密なプログラムです。

オフィスの、また病院のそれらを気遣うことへの患者の評価から始まってトレーニングの一部分はあります。 トレーニングは内視鏡検査法 (上部の内視鏡検査法、 sigmoidoscopy、および colonoscopy)、 endoscopic 胆汁の検査 (endoscopic 逆行の cholangiopancreatography か ERCP)、 endoscopic 粘膜の切除または EMR、 endoscopic 超音波等学ぶことを (EUS)含みます。

内視鏡検査法と共に彼らはまた polypectomy、食道および腸の膨張および hemostasis のような高度の endoscopic プロシージャの実行でトレインします。 彼らは条件を扱う適切な勧告をするためにイメージ投射および病理学の結果を解読する方法を教えられます。

団体は内科のアメリカのボード、胃腸病学のアメリカの大学、胃腸内視鏡検査法のためのアメリカの Gastroenterological 連合およびアメリカの社会のような各国用の社会によって監督されます。

アメリカによって管理される胃腸病学のボードの証明テストを取るために団体の完了が gastroenterologists 修飾された後内科の乗って下さい。 彼らが正常にこの検査を完了したらです 「証明されるボード」。

証明の更新

Gastroenterologists は内科 (ABIM) のアメリカのボードを通して証明プログラムの維持によって彼らのボードの証明を (MOC)更新します。

こののために gastroenterologists はスケジュールし、取り、証明の検査の安全な ABIM の胃腸病学の維持を渡すことを、また医学の知識の自己評価および方法パフォーマンスの自己評価の 100 ポイントを得る必要があります。

医学の知識の最低 20 ポイントおよび方法パフォーマンスの 20 ポイントを得るために後のテストで彼らは必要です。 残りの 60 ポイントは医学の知識、方法パフォーマンスまたは両方からあるかもしれません。

証明の検査の ABIM の胃腸病学の維持は方法の関連した領域の知識そして臨床判断を評価します。 検査の質問は gastroenterologists のそして学術の薬のチームによって実際に開発されます。 コンピュータベースの検査は - ばねおよび落下に…年に二度提供されます。

4 月 Cashin-Garbutt 著見直される、 BA Hons (Cantab)

ソース

  1. http://s3.gi.org/patients/ccrk/WhatIsAGastro.pdf
  2. http://www.abim.org/pdf/publications/gastroenterologists-moc-guide.pdf
  3. http://www.questdiagnostics.com/hcp/intguide/Gastro.pdf
  4. http://www.ficci.com/files-for-short-time/Gastroenterology.pdf

Last Updated: Apr 17, 2013

Read in | English | Español | Français | Deutsch | Português | Italiano | 日本語 | 한국어 | 简体中文 | 繁體中文 | Nederlands | Русский | Svenska | Polski
Comments
The opinions expressed here are the views of the writer and do not necessarily reflect the views and opinions of News-Medical.Net.
Post a new comment
Post